パーリ三蔵データベースの構築と仏典研究
書評 OBEYESEKERE,GANANATH:THE CULT OF THE GODDESS PATTINI,
書評 DAVID N.GELLNER,MONK HOUSEHOLDER,AND TANTRIC PRIEST
SHARING GRIEF AND SUFFERING:TEMPLE CULTURE AND THE BUDDHIST COMMUNITY IN RURAL SRI LANKA
アマラプラ派の古事を訪ねて
カンボジアの村落寺院現地調査報告−ガンダル県ポンニェル郡ポンニェル村ポンニェル寺院−
パーリ聖典の計算機解析−成果と問題点−
仏陀と形而上学−無記説に対する諸解釈を中心に−
「阿ク仏国経」の女性の記述の背景となった常識について−玉女宝をめぐる記述−
アショーカと仏教
サマンタパーサーディカー研究序説
南方上座部仏教における修行の理論と実践−タイとミャンマーの現地調査に基づいて−
花枕
ミャンマーのティーラシン サーティンダイッ−KHEMARAMA尼僧院の事例を中心として−
ラオスにおける貝葉
善見王の瞑想−パーリ・ニヤーカに加わった新しい要素−
比丘尼波羅夷法第一学処における非力捨戒
原始仏教に於ける無明(AVIJJA)の語義に就いて
METRE OF VERSES IN STORIES BEGINNING WITH BHUTAPUBBAM
FROM”GAMBLER”TO”CAMOUFLAGE”:THE STRANGE SEMANTIC METAMORPHOSIS OF PALI”KITAVA”
ミャクマーの宗教法制とSIMA裁判(1986−1988)の判例−ヤンゴン管区バゴーチャウン布薩堂−
サーリプッタとモッガラーナの解脱
AVADANASATAKAに挿入された阿含経
縁起の新解釈と新展開
九支縁起の成立
MAHANAMA ON THE INTERPRETATION OF EMPTINESS
世界平和パゴダ(ミャンマー僧院)の現状と展望-異文化交流の一事例-
原始仏教における坐法
「批判的パーリ語辞典」の理解のために
SAMAGGIUPOSATHAと二種の破僧
タイ国法における僧団の位置
タイ国の仏教大学について
北タイ,タイ・ルー族の守護霊儀礼と仏教儀礼-「伝統」の創造とエスニシティ
THE CULT OF THE BODHI TREE:ITS ANTIQUITY AND EVOLUTION
PALI LITERATURE APPENDIX I(ADDITION & CORRECTIONS)
ダンベーゴダの観音菩薩像とその復興−スリランカ大乗仏教研究−
シュエダゴン仏塔における仏教儀礼の一形態
BALAVA PURISOを含む定型句の検討
ギルギット本「薬師経」の成立−仏教大衆化の一齣
書評 STANLEY JEYRAJA TAMBIAH:BUDDHISM BETRAYED?
シンハラ仏教徒の再生観について−スリランカ・ウパンガマ村での聞き取り事例の分析から
スリランカ仏教教団のカースト問題−UPARATA AMARAPURA MAHANIKAYAの場合−
タイ北部のパーリ仏教−前田基金による海外調査報告−
シンハラ仏教社会における正説と異説−村の紛争の動態をとおして−
上座仏教三国における瞑想の調査報告−タイ・ミャクマー・スリランカ−
「撰集百縁経」の訳出年代について
仏教とその起源をなすもの
パーリ仏典に見られる菩薩
ブッダガヤ寺院法をめぐって
THE BUDDHA AS A PHILOSOPHER
THE HERO-ATONE OF VELANA DAMANA
オーストラリアの仏教-WA仏教会とS僧院の運営-
四大教法について
バンコックにて刊行されているパーリ語聖典
大谷大学所蔵のユアン文字貝葉
具足戒を授くべからざる二十人
THE NIKAYAS OF THE BURMESE SANGHA IN THE CONTEXT OF CONTEMPORARY BURMESE BUDDHISM
十事について
自帰依,法帰依の意味
PATTHANAの語義解釈について
アーガマとプラマーナ
仏教の伝承-米寿記念講演-
PAPANCA考
THE MADIEVAL HISTORY OF BUDDHISM IN SLI LANCA-FROM THE PORON-NARU PERIOD TO THE KOTTE PERIOD-
PRAKRIT VERSUS SANAKRIT-A CASE STUDY OF PALI(MAGADHI)AND AR-DHAMAGADHI-
AN ANCIENT SINHALESE MANUSCRIPT DISCOVERED IN TIBET AND PRESERVED IN PEKING
PRE-BUDDHIST RELIGIOUS BELIEFS IN SRI-LANKA
CONCEPT OF MAN IN EARLY BUDDHISM AND THE ROLE OF ETHICS IN THE PURIFICATION OF MAN
ACTIVITY AND KARMIC INFLUX IN UMASVATI'S TATTAVARTHASUTRA
VENERABLE Dr.HAMMALAVA SADDHATISSA(1914-1990)
渡辺文麿博士の御逝去を悼む
BUDDHISM AND SEXUALITY
生きる道
玄沙三種病人考−禅僧の社会意識について−
北宋時代の杭州の浄土教者
『鐔津文集』の成立と諸本の系統
五祖法演禅師研究序説
明代の准提信仰
破戒と超俗
教外別伝と教禅一致
道統論再考
東晋期の道教の終末論
白居易の詩と仏教
現地調査の目的と問題点
伽耶の仏教受容−東アジア流伝の一側面−
『白花道場発願文』考
元暁の伝記−その再検討−
煩悩具足
奈良朝仏教と華厳宗の出現−六宗と大仏造立を巡って−
もう一つの仏滅年代論争−平安初期を中心に−
『宝慶記』の問と答−道元禅師の他の著作への影響−
『宝慶記』における叢林生活の一考察
諦忍律師の放生思想
THE ORIGIN OF PALI AND ITS POSITION AMANG THE INDO-EUROPEAN LANGUAGES
HOW TO THE MAHAYANA BEGAN
SIHALAVATTHUPPAKARANA AND PALI ATTHAKATHA LITERATURE
ガナナーツ・オベーセーカラの世界
今をよろこび生きる
一即一切の念仏
本当の自分に目覚める

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る