源義経と静御前
ハーラーハラ成就法の翻訳研究
続 親鸞の「利他」の思想−「信巻」と「証巻」のめざした「利他」−
類題二題−仏教とキリスト教−
SOMENDRA'S WORK ON THE AVADANAKALPALATA
武威の構造−伊勢貞丈の武士像をめぐって
WHAT DO THE COMMENTATORS ON PRAMANAVARTTIKA THINK OF THE NOTION INTERMEDIATE BEING (ANTARABHAVA)
古代チベットにおける霊神祭儀の物語(翻訳篇)
インド・プネー留学を顧みて
原始仏教における自己
ダルシャンする人々−聖地ドワーラカーより−
中村先生との仏縁
いのちの無限の連帯-共に生きる-
帝釈の網-仏教における共生の原理-
ラーダーラマン寺院のムールティ(神像)について
善光寺草創論試案
チベット文化はいかにして誕生したのであろうか-ツァン地方西部における吐蕃王朝の統治状況-
播州色夫録
死ねばみな仏になる-小泉首相の発言をめぐって-
現代スリランカ上座仏教における「虚」と「実」-現地調査を中心として-
上座仏教の森林寺院を訪ねて-スリランカとタイ,そしてその交流の歴史-
インドに父の足跡を辿って
中村元先生からの贈り物
山川草木悉皆成仏を考える
ゴータマ・シッダッタの妃に関する諸問題
臓器移植と仏教
THE STRAINED HUMAN CONDITION OR A BUDDHAHEAD'S QUEST FOR THE BUDDHAHOOD
張り詰めた情況での人間の極限状態とハワイ日系二世による仏教の探求
マザー(MIRRA RICHARD)の「生活の科学」
ON THE NAMES OF BHIKSUS AND BODHISATTVAS IN THE LOTUS SUTRA
THE SILK TRADE THROUGH THE CHINA SEA IN THE SEVENTEENTH CENTURY
神道の思想的思惟
インド人の文学的感性
プランティンガの詭弁
十大弟子・十二使徒比較研究序説 1-10大弟子の場合-
「法界図記」のテキスト再考-「因陀羅尼」の表記について
「ジャータカ・マーラー」(講談社刊訳本)第1(牝虎本生),第2章(シビ王本生)の翻訳再考箇所
義浄の死
真実夢説(SATYASVAPNAVADA)について
均如の頓円一乗義の成立と意図について
世間三箇の住心
ネパールの古都パタンのマハー・ブッダ・マンディル
現代ゴーヴァルダン山信仰
UNIQUENES OF THE BUDDHA'S PSYCHOLOGICAL REFLECTIONS
BUDDHAGHOSA AND DHAMMAPALA ON SILA AND DHUTANGA
BHAKTI IN BUDDHISM
ABOUT THE INDIGO FROM CHIRCHEES
現代の母子関係について想う-半生をふり返って-
ドイツの宗教教育-カトリック教育-
心の成長と発達課題 1-精神分析学の立場から-
現代スリランカ仏教報告
「真実は一つ」をめぐって-宗教多元主義-
中村元先生の世界
中村元先生の人と業績
ブッダのことば,中村元先生のことば
仏教入門 1〜3,5〜7(中村元先生東方学院講義録)
聖徳太子の理想
道元
オランダ艦隊と中国人についての一考察
明治中期地方宗教結社の一端
ピタルコーラ石窟寺院と孔雀石
チューダーカルマ
BUDDHIST TEMPLES AND THE SOCIETY OF NORTH-WEST INDIA AT THE B-↓
NAVARASA THEORY IN THE SARVABUDDHASAMAYOGADAKINIJALASAMVARA-T-↓
SRI AUROBINDO AND EDUCATION
仏教研究の新しい方向−VIPASSANAについて−
帰化僧となった高麗人−高麗日延と高麗日遥
義浄の帰国
チベットにおける帰謬派思想導入期の二,三の問題-チャパ・チュキセンゲの帰謬派批判の周辺-
聖徳太子と朝鮮三国
アジアにおける仏教の受容と土着化
「日本霊異記」の編者景戒の仏教思想-中巻41縁所引の「経」に描かれた釈迦像を手がかりに-
穏和な宗教と武断的宗教
もののふの歌の系譜
東南アジアの仏教
神のように無慈悲に
韓国人の家族観
インドの伝統医学-アーユル・ヴェーダとその背景-
行為のもととしての精進とその宗教的意義-「大智度論」での一定義と医学上での定義をめぐって-
自然法則に反する事例-カシミール・シヴァ派のヨーガ観に関する一考察-
ヴィシュヌの化身となったブッダ
一切智の思想研究について-人間の知とそれを超えるもの-
CAN A CATHOLIC PRIEST BE A MASTER IN ZEN STUDIES?-PROF.H.DUMOULIN'S WORKS-
A THEORY OF ORIENTAL AESTHETICS−A PROLEGOMENON−
オランダ、ライデン大学に学んで
A THOUGHT ON WORLD'S PARLIAMENT OF RELIGIONS
RABINDRANATH TAGORE'S EDUCATIONAL PHILOSOPHY AND VISVA-BHARATI
ON A COMMENTATOR OF BHARTRPRAPANCA
UBER DEN UNTERSCHIED ZWISCHEN DOGEN-ZEN UND HONGAKU-HOMON
インド医学の思想的背景
第4回国際アジア伝統医学大会(ICTM IV)と東方研究会
古代アジア医学の伝統
仏教と疫病
「伝統インド医学」の性格と発展について
「摩訶止観」に見られるインド医学の諸用語
神道の生命観とその意義
インド生命学(アーユルヴェーダ)から終末期医療を考える
チベット医学の医師論
チベットにおける脈診の成立
LOVING KINDNESS:THE ESSENTIAL BUDDHIST CONTRIDUTION TO PRIMAR-↓

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る