親鸞とその思想−悪人正機と本願ぼこり−
仏教と儒教の間−惺窩の初期を中心として−
象徴的生活者としての菩薩
菩薩思想の源流と展開
菩薩戒と大乗仏教教団
密教における菩薩
文殊・普賢
蓮華部院(観音院)と妙観察智と阿弥陀如来
勢至菩薩
現代ビルマ仏教の一側面
真諦訳『宝行王正論』における十地説
〈三身〉と〈五法〉−両者の結合関係とその成立過程−
『秘密集会』ジュニャーナパーダ流の新出文献
チベット文『目連救母経』和訳
チベット訳『金剛経』の敦煌諸写本
サキャ派「道果説」研究II
大乗起信論の訳出場所とその年代
釈摩訶衍論の構想
命令文の意味を問う議論
諸「観経疏」に於ける仏身及び国土観の特色とその意味
万松行秀と華厳教学
『大乗起信論』の信について
天台智??と『大智度論』
劉キュウ撰『注法華経』の逸文について
善財説話の禅的受容
親鸞の思想と天台本覚法門
徳円の研究
安然『即身成仏義私記』について
仏教と神秘主義
「真理の世界」をめぐって
仏典を読む−解釈学と構造主義から学んで−
『伽駄金剛真言』について
『ガタ・ジャータカ』のクリシュナ伝説
シュローカ・ヴァールティカ試訳
バーサルヴァジュニャの遍充把捉論
ラーマヌジャのジャイナ教説・シヴァ教説批判
アビナヴァグプタのバッタ・ナーヤカ批判
Markandeya−puranaの二刊本
ラーガ理論とラサ理論
ヴェーダーンタ学派と「大文章」
遊行者
インド哲学で説かれたうそつきパラドックスの議論
『ダンマパダ』覚え書
若干の初期大乗経典等とアーユルヴェーダ
『大乗掌珍論』の瑜伽行学説批判
アビダルマ文献からみた世親等諸論師の年代について
更不受後有と大乗仏教
華厳如来性起経考
四依批判考序説
大智度論の菩薩観−菩薩観の種々相−
諸悪莫作偈考
部派仏教における智の展開
《五事論》の成立と流布
「釈尊観」を考える
念仏の声するところ
二元性の超克
仏教思想の世界的視野
ヘーゲルの弁証法と仏教の空観思想
実存の思想−仏教−
インド
東洋の自然観−インド−
世界宗教の経済倫理−マックス・ウェーバー−
労働と所有
因果性と相依性
東西思惟形態とその世界史的意義
不動明王の信仰とその世界史的意義
『アビダルマディーパ』の作者
大乗起信論成立の重層性とその思想の包容性
僧稠について−初期禅宗史をめぐる一視点−
釈摩訶衍論の成立に関する諸資料
三経義疏撰述の問題
天台本覚思想研究の諸問題
『歎異抄』のはらむ問題点
本地身説法と加持身説法
『根本中論』チベット訳批判
アビサマヤ論書の真偽
高崎直道博士略歴・著作目録
シャンカラとナーラーヤナ・グル−カースト論をめぐって−
波羅蜜思想と他力観
空観について
秘密思想の源流
真言宗における僧伽の研究
大乗仏教の思惟形態
六波羅蜜の成立
大乗教の小乗教的理解
出発点としての大乗教
一切法空思想の成立とその意義
仏教的思考
原始仏教の倫理的性格について
阿含に現われた経済観と経済圏の展開
原始仏教における社会倫理の原理について
仏教倫理の性格
新興大乗の実践原理
真言宗における生死の問題
真言宗における生死の問題−その根源的把握について−
仏教における生へのかかわり方について−特に瑜伽論を中心として−
真言宗における生死の問題−生へのかかわり−
慈悲
生死
法(ダルマ)

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る