身延山と関西身延妙伝寺をめぐって
江戸幕府の宗教統制と不受不施派流罪僧の出版活動
法華寺院における絵画の問題−永崎長照寺の絵画について−
僧と寺
縁起をめぐる四つのメモ
縁起説の根拠の位置としての法の構造
南北両アビダルマの縁起説
縁起法頌と『造塔功徳経』
『中論』注釈書における「縁起」の語義解釈
『十地経』および『十地経論』における心識説と縁起観
ことばと種子
縁起と真如
仏教伝来
初期如来蔵系経典と縁起思想
如来蔵縁起説について−『大乗起信論』との関係を含めて−
天台教学と縁起の思想
覚苑における法界縁起思想の受容
法蔵の法界縁起説の形成と変容
無窮から法爾へ−『華厳五教章』の縁起説−
僧伝にみえる「縁」と「縁起」について
六大縁起論
「タテ」の縁起観と祖先供養−西田無学と戸次貞雄を通して−
諸法実相を基盤とした一切智・一切種智
実践論への展開−『法華経』の菩薩思想−
如来像成立に関する思想史的考察
『大乗涅槃経』の戒律説
『観無量寿経』と称名思想
『般若灯論』における説一切有部説
逆行する認識論と論理
法称の「samvedanaによる有形相説論証」とその展開
ラサとバーヴァの因果関係について
arambhavada覚え書き
ラーマーヌジャのヴァイシェーシカ説批判
ヒンディー語行為者名詞−valaの迂説未来的用法−
敦煌出土の蔵漢語彙集
『法華文句』の四種釈と吉蔵四種釈義
中国仏教における釈迦生滅の年代
慈恩和尚述『般若多心経序』考
『無常経』と『臨終方訣』
弘法寺釈迦才考
祖師再来意問答のゆくえ
道学における仏教批判の一側面−死の問題を中心として−
五大院安然の曼荼羅思想
神仏習合の一側面−天照大神と山王神道−
聖の仏教
Mahayanottaratantra-saatra-tippani by Vairocanaraksita
PANNASA-JATAKA ナカノ SAMUDDAGHOSA-JATAKA
平川彰博士略歴・著作目録
縁起思想の源流
アーラヤ識と縁起
一休
群疑論における懺悔と滅罪
善導大師の観仏三昧について
敦煌本・擬題『維摩経義記』
乱世の遊行廻国
浄土宗の戒儀における『黒谷古本戒儀』と『新本戒儀』について
和光同塵潅頂について
『厳神霊応章』考
無戒について
一枚起請文の諸問題
一遍上人の念仏と捨離
千観の往生思想について
道場観と密教図像 1
円仁の入唐伝密について
授記潅頂について
弘法大師の本覚的主体観
『山家要略記』の性格
王朝女流作家と仏教−赤染衛門の場合を中心として−
初期ヤスパースの仏教観
二つの自然−アリストテレスを中心として−
梵文法句経について
無常経
《真実摂経》不空三巻本蔵梵難語について
タットヴァーアルタにおける衆賢説
自性と自相−三世実有説の展開−
般若経に於ける語源学的説明 1
『摂真実論』外境批判章訳註 2
説一切有部による種子説批判
『中論』における「自性」について
インド・オリッサ出土の種子マンダラ
『アルタシャーストラ』におけるサンガ対策
菩薩と声聞辟支仏地
道元
二種の稲芋経註釈書
悲華経における穢土について
漢訳『増一阿含経』の空思想
『倶舎論』随眠品の構成
ウパヴァサタの意義
心解脱・慧解脱に関する考察
「国師・国用・国宝」の原由について
仏教伝来経路再考
道宣の戒律への思念
漢訳阿含経典における悔過・懺悔
天台における「秘密」義と台密
義浄の中国仏教批判
初期禅宗における守心・観心の系譜
『後漢書』所載の仏教記事をめぐって
天台三観と南山三観
并州における慧サン禅師とその門下
攝大乗論と摩訶止観

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る