〈石〉の宗教性と道具性
〈死〉はなぜあるか
仏教の生き方
天台大師の三諦三観教学管見
名実論争における公孫龍 5
夜叉女考−夜叉との対比−
ミトゥナと仏塔
マハーカッサパ比丘伝について
摩訶僧祇律の梵本について
念仏三昧という語について
初期大乗経典の親近善知識
唯識学における縁起・無我
因明論三十三過について−ペリオ蒐集敦煌写本−
六道説に関する二、三の問題について
チベット・ラサ請来の金剛般若経に因んで
インドの八大菩薩像について
インド・チベットの真言密教における発菩提心
インド音声学書における聖音オン(om)
ウパニシャッドの伝道について
シャンカラ哲学における具象的念想
マッリシェーナ著『蓋然説の花房』
SOME OBSERVATIONS ON ESOTERIC MANDALA
FAITH,WISDOM AND PRACTICE AS ESSENTIAL ELEMENTS OF EKAYANA
THE SHINGON PATRIARCH SUBHAKARASIMHA
JNANAGARBHA'S LIFE AND THOUGHT AS SEEN IN THE ANANTAMUKHANIRHA RADHARANITIKA
「日の出」と名付くる九乗の概説
教えの展開
理趣経コータン語歎文の復元和訳
UDAYANA王とRUDRAYANA王
ON VARA-CAKRAVARTIN AND BALA-CKRAVARTIN
VIROCANAとVAIROCANA−研究序説−
勝鬘経に現れた菩薩道−文献学的考察−
ADHISTHANA(加持)の文献学的試論
中川善教先生略歴
日蓮
中川善教先生著述目録
奈良文化形成に対する仏教の影響
聾瞽指帰の観無常賦にある大字について
空海の文章表現
『理趣釈』の請借伝承をめぐる若干の問題
弘法大師教学と華厳思想
弘法大師と『論語』
弘法大師と法華講会
魚山?P芥集の墨譜の問題点について
真言開庫集について
道元禅師『正法眼蔵』における仏性
法然上人の世界
南北朝の動乱と高野山
木下順庵「太平頌」について
三内説について
漱石の漢詩−作詩法からみた−
表現と象徴
大乗起信論に説く衆生心の意義
教えの基本
称名寺における伝法潅頂
湛睿の基礎的研究−古文書資料を中心として
湛睿の基礎的研究−典籍資料を中心として
湛睿の華厳教学
宋朝教学と湛睿-華厳・戒律を中心として−
泉涌寺開山俊?オと永平道元
東山泉涌寺における禅受容
明恵の「持戒清浄印明」について
金沢北条氏における宗教受容
金沢貞顕と東山常在光院
三浦義村の迎講と伊豆山源延−鎌倉における弥陀信仰を通して−
鎌倉における旧仏教
摂真実論序章の翻訳研究
玄奘訳「因明入正理論」について
仏教論理学派と刹那滅説の論証
新因明に於ける二三の根本問題
巴利語のSISA-VETHAについて
マハーワ゛スツ地獄品の研究
MAHAVASTTU 2.pp.83-121
蔵漢訳対照 梵文普門品
SAMANTAMUKHA-PARIVARTA
SAMANTAMUKHA-PARIVARTAH MANUSCRIPTS FOUND IN GILIGIT
法華経梵語諸本の比較研究序説−実例三例−
法華経梵語諸本の系統について−序品から引例して−
法華経原典の成立に関する一考察
理趣経于?t文並に語彙
理趣経于?t文和訳
四十八願釈−澄憲撰を中心として−
伝法絵略記抄断簡
観経疏聞書
花蔵院流印信−真言僧忍性−
金沢文庫資料について−とくに仏典を中心として−
金沢文庫と華厳典籍
仏教公認運動の論理と状況
鎌倉における華厳教学−金沢文庫資料を中心として−
東国仏教における出版文化
東国仏教における外典の研究と受容
金沢文庫資料における諸印記
律宗瓊鑑草(金沢文庫の稀覯資料)
百巻抄(金沢文庫の稀覯資料)
華厳十玄章(金沢文庫の稀覯資料)
華厳経綱要(金沢文庫の稀覯資料)
十二因縁観門(金沢文庫の稀覯資料)
華厳融会一乗義章明宗記(金沢文庫の稀覯資料)
心要洞玄記(金沢文庫の稀覯資料)
明恵上人法語 付明恵消息(金沢文庫の稀覯資料)

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る