現代仏教の荒廃
終焉ののち退場せぬ仏教
伝統仏教の死
宗教者の実践的課題
天皇制論と宗教批判・覚え書
弥勒ユートピズムの現在
日本共産党の宗教政策にふれて
追悼石橋湛山
「シンフォニア・サンガ」におもう
現代仏教改革の最前線
共苦の地平
世親の因明説
梵文入楞伽経に見えたる一百八句
一角仙物語に就いて
本朝古伝貝葉梵筴阿毘曇の断片
菩薩十地思想の起源、開展及び内容
怛他伽多と云ふ語の起源と其の意義
観世音と云ふ名号に就いて
文殊普賢観音弥勒四菩薩の研究
初期の日本仏教芸術に就いて
印度古法典に於ける法源論
雑阿含に就いて
建初元年筆写敦煌出土十誦比丘戒本に就いて
いまなぜ「近代日本の思想と仏教」なのか
精進日
智??の戒体論について
三昧聖の墓地開創伝承
尾張地方におけるシャグジ信仰
女装の民俗覚書
「世直し」の原義
加藤先生の古希を祝う
加藤章一教授略歴
加藤章一教授論文目録
秘密三摩耶仏戒儀の成立について
阿字本不生の系譜
興教大師覚鑁の講式について
悉曇伝授について
我が国に於ける仏教受容の一側面
敦煌出土偽疑経文献よりみた密教と禅
葬送の儀礼的位置
「センダン」考
民俗慣行にみられる赤と黒の象徴性
比較巡礼の試み
儀礼と仏教教育
仏式婚姻儀式について
平安朝文学にあらわれた彼岸
月輪観と中世和歌
真言宗新義派の論議について
近世御祈祷寺の様相
僧伽の理念・日蓮と親鸞
近代仏教における倫理と宗教性について
民衆のなかの先祖観の一側面 2
近代民間寺院の生態系
檀越について
『延暦僧録』聖武天皇伝と国分寺建立
石清水八幡宮創祀の背景
不動尊信仰の伝播者の問題
屠牛者攷
僧伝における史実と説話
朝日山信寂と浄土宗播磨義
浄土宗初期の付法について
生馬山竹林寺の開創伝承考証
近江国得珍保今堀郷の村掟
南都極楽坊をめぐる信仰の一背景
宝暦年中鳥羽法伝寺宗義出入一件について
近世村落と真宗道場
横井金谷と円光大師伝
学天の巡錫と遷化をめぐる史的考察
ケルト民族の八朔とその他の季節祭
屋敷付属の墓地
家と墓の一考察
対馬の両墓制及び両墓制に代るものについて
真宗地帯の風習
総斥排仏弁
『正法眼蔵』における「三昧」について
日蓮聖人における唱題と三昧について
日蓮教学における三昧の問題
興教大師覚鑁の三摩地観
明治仏教における近代的思惟と禅
御願寺の成立について
森の譬喩について
HEVAJRA−TANTRAにおけるSAMADHIについて
SUTTANIPATA1032−1039:AJITAMANAVAPUCCHAについて
禅定と念仏
初期仏教における定と慧
三昧による真理認識
「三昧」の道−成仏道とヨーガの問題−
ヨーガ派に於ける三昧の補助手段
法華経における三昧思想
平安時代における宗教と倫理
奈良時代の官僧と知識について
貴族から僧侶へ−笠朝臣麻呂の場合−
真宗における異義−造悪無礙を通して−
初期時衆における倫理と宗教
夢窓禅における倫理と宗教
中世の禅僧・禅寺と倫理・秩序
戦国初期における禅僧の倫理思想について
転迷開悟の問題
インド認識論の一考察
古代インド神話・伝説の解釈をめぐる一問題

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る