ジャイナ教におけるmaranaの分類
『聖仙の語録』雑攷
ワ゛ークヤパディーヤの一節
Mahabhasyadipika
ジャイナ論理学における量性の問題
シャンカラ著『ヨーガ・スートラ註解書解明』について
八曲長坏に対するもう一つの見かた
マムルークとカプゥ=クルラル
BHATTA NARASIMHA'S SARASVATIKANTHABHARANA VYAKHYA
般舟三昧経と十住毘婆沙論
天台智??の三昧思想考
天台止観における罪福相
一行三昧論
華厳三昧について
念仏三昧宝王論について
浙江における唐末までの禅宗の推移
法然上人とその遺文にみられる三昧について
念仏三昧と金剛心
親鸞の念仏三昧義
観無量寿経における三昧に就いて
「五時八教」と「四教五味」
法華三大部に於ける教判とその影響
天台四悉檀義の一側面
禅観における眼根の功用について
浄眼撰『因明入正理論後疏』について
杜甫「鳳凰台」詩における仏教的捨身の影
金剛智・不空渡天行釈疑
中国観音像私考
漢代における策書の形式
初期仏教における宗教性の問題
仏典の編纂に用いられた言葉の特質
念仏と三昧
楽受に関する論争
大衆部系律典梵本について
十地経の諸本および経題について
龍樹依用の般舟三昧経
中観説における「所知障」管見
『四巻楞伽』の訳文の問題点
正理門論註釈者
律摂の経序について
MATANGAと仏教
三十七尊出生段の四種潅頂について
サンヴァラ系密教に於ける潅頂の一例
思想としての仏教−現代インドにおける仏教思想研究の動向−
チャカラ医典の数論説
慈恵大師「二十六条式」と天台宗教団
山王三神の信仰
神秘の問題
叡山浄土教における三十二相の展開
諸菩薩本誓願要文集について
源氏物語における観音信仰
「悪僧」の信条と鎌倉仏教
『金剛宝戒章』の成立とその思想
七祖相承考
三昧発得について
念仏と三昧
宿善の研究
親鸞の救済論
玄秀の時宗教学
東国における時宗の跡づけ
隠山惟エンの生涯
南山大師の筆の道と芭蕉
仲基から蟠桃へ
仏教学の根本問題
廬山慧遠の三昧の性
「本無義」考
法顕伝備考
中国仏教における在家菩薩と八関斎
中国仏教学界における勝鬘経の定着
中国仏教における勝鬘経の受容と展開
S2430敦煌本「勝鬘経注釈書」断簡
慧思における頓覚説の理論的背景
奥田慈応先生年譜
奥田慈応先生著述目録
聖徳太子と天台宗
憲法十七条の現代的意義
聖徳太子における国家と救済
聖徳太子関係四つの銘文
勝鬘経と勝鬘経義疏と
勝鬘経義疏について
「等已刀弥々己等」以前の文章について
古代日本人の他界観から見た天寿国
『聖徳太子伝暦』研究序説
南岳恵思と聖徳太子
聖霊会守護の武士
聖徳太子と親鸞聖人
太子信仰と親鸞
和国の教主攷
聖徳太子略絵伝について
事由自通者の日本学的仏教道統小観
天台の常行三昧に就て
天台密教の教判論
伝教大師における菩薩思想
室生天台と寂光大師円澄
円戒における菩提心の展開
安然の普通広釈に見られる円戒思想
梵網菩薩戒と浄土受形
転換期に立ちて
仏教の受容をめぐって
空海

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る