タットヴァーアルタにおける衆賢説
『道教霊験記』について
善導・深心釈をめぐる対論
浄華院秀馨について
浄華院の発展について
隆寛の配流をめぐって
蘊処界の改変と五位の成立
古代インドのシンボリズム
十住生阿弥陀仏国経における十住生法の成立について
創刊の辞−大雪山−
パリバージャカについて
人格変換の心理と憑依体験
隆尭の著書と書写本について
中国における三教一致・諸宗融合の思想
福沢諭吉の宗教観 附文献
中江兆民の思想と宗教
井上哲次郎の宗教観
杉浦重剛の「理学宗」について
増上寺文書
シヴァ教の説水銀派の説ヴァイシェーシカ説
儀礼の精神分析的研究
法然伝の疑問について
慈恩大師の教体説
仏教概論
思春期儀礼の精神分析的研究
飯野家文書について
吉蔵の四重二諦説−その構造と背景−
宗教的経験としての視覚−源信を理解するための試案−
西行の宗教的希求 序説
シャンカラ説とナクリーシャ・パーシュパタ説
道生撰妙法蓮花経疏対訳
ヴァイシェーシカ学派の原典
良寛
馬鳴の仏所行讃とその餘影
馬鳴論師の二種菩提心論について
法華経梵語諸本の比較研究序説
維摩経に見られる譬喩について
TATTVAを見る
地蔵菩薩の源流思想の世界
THE THIRTY-TWO INSTRUCTIONS IN THE KASYAPAPARIVARTA
初期唯識説における三性説の構造
シナ仏教史における道安
マドヴァの哲学
シュレイエルマッヘル神学における「宗教哲学」の問題
エリアーデの「聖」概念について
SAGATHAVAGGAの偈頌の構成 資料篇1
中国の宗教の神話学的一研究
ヴェーダの権威
初期仏教における読誦の意味と読誦経典について
精神的世界と学の形成の諸問題 1〜7,
シャマン的「病気なおし」について
ジャイナ教概論
相応部有偈篇に現われた仏伝について
トーテミズム再考
源誉存応について
十住生経の引文をめぐって
仏教文化研究会の三十年を顧みて
有刹那と刹那滅
妙法華経題釈覚書−日蓮を念頭において−
金倉円照博士略歴
金倉円照博士主要著作目録
ケーシン・ダーメビアをめぐって 1,
インド古代思想発生についての一視点
KANDAHAR出土のASOKA法勅 1,
真珠
カーストにおける汚れと浄め
GHATAKARPARAKAVYAの研究
KUNDAKUNDA造「解脱精要」和訳
MALLAVADI:THE GREAT JAINA LOGICIAN
ニヤーヤ学派の時間論
論証の前段階としてのSAMDAYA
「ブラフマシッディ」の歓喜説
ONUPADHI
ヴェーダーンタ・サーラとパインガラ・ウパニシャット
中道思想の歴史社会性
現在涅槃論とその論点
初期仏教におけるさとりの表明
スッタニパータにおける釈尊の教説
THE DASOTTARASUTRA
GOTRABHUとGOTRABHUMI
金銭求利についての比丘戒
THE SO-CALLED JATAKA-SCENES DEPICTED IN BODH-GAYA RAILINGS
息子部屋
既成仏教の生きる道
布教を支える論理
宗教の発展と異端の役割
政治と宗教
心理学からみた新興宗教
戦争は宗教で避けられるか
期待される人間像
界DHATUについて
AGAMA AND YUKTI IN BHAVAVIVEKA
月称造五蘊論における慧の心所の解釈
MANJUSRIMULAKALPAの成立年代について
因果論の一資料-ハリバドラの解釈-
仏教哲学における命題解釈
アティーシャおぼえ書
セイロン仏教学術調査中間報告
クマーラジーヴァの思想的特徴
「盂蘭盆」の原語について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る