OLD TURKISH AND MONGOLIAN BURXAN
北周大象2年、復仏の詔にいたるまでの経緯とその背景
嘉祥大師吉蔵の法華玄論における五乗と三引
法華五百問論について
三経義疏の成立についての疑義
空海思想のリアリズム
平家物語のなかの仏教
主体的把握から客観的分析へ
親鸞聖人の他力信に就て
仏教的信と部落問題−浄土真宗を中心として−
日蓮聖人の信について
華厳教学における信の位置
百済観音
十七条憲法
斑鳩の宮
遣唐使と留学僧たち−「天平の甍」より−
紙幡寺の由来
国の宝−山家学生式(抄)−
弘法−綜芸種智院−
日本仏教の価値
法然という人
法然のことば
歎異抄という書
善人なほもて往生をとぐ
道元と時頼
学道の用心
日蓮の性格
日蓮の遺文
一遍上人の念仏−「南無阿弥陀仏」より−
一遍上人の念仏−「南無阿弥陀仏」より−

転生
恩讐の彼方に
光流る
出家とその弟子
仏誕生二千五百年の奉讃
元興寺智光の無量寿経論釈の研究
仏教伝来にともなう仏と神との関係について
マーナヴァ・シュラウタ・スートラ9・1・1覚え書
仏教における「信」SRADDHAの意味−特に原始仏教を焦点として−
弥勒・無著・世親に於けるPRATIBHASAの意味
法称における「量の2種性」の論証−プラマーナ・ワ゛ールティカ現量章の和訳研究 3−
アーヤーランガ・スッタに現れるジャイナ沙門の生活−飲食物を中心として−
PRATIBHA説の一資料−BRAHMASIDDHIの一節−
UDAYANA王とRUSRAYANA王
PASUPATA研究 2−PANCARTHABHASYA AD PASUPATASUTRA 1.I−
SARVASTIVADINとMULASARVASTIVADIN−SRONAKOTIKARNAの伝説をテーマにして−
信の人間学的根柢と機制
現代における「信」の問題−仏教的信と理性−
仏教における信の地位
密教における信構造の特色とその変化
真言密教と信について
真言宗における信
道元禅師の信仰観
看話禅における信と疑の問題
法然教学における信について
浄土の信について−証空上人における観無量寿経のうけとり方−
「恩」思想のチベットにおける受容
初期大乗仏教の支持者としての善男子善女人
浄土教の清浄業処観について
VIDYAの語義
教理と覚者
マハーワ゛スツに見られる『大我』について
自性清浄心とPRAKRTI-PRABHASARA
TAPASについて
地論宗の方便論について
鳩摩羅什論−その仏教の江南拡大を中心として 2−
浄土経典における女性
中国仏教における主体の発端
東晋仏教学における浄土の理念
維摩経に顕われた鳩摩羅什三蔵の思想
大日経に於ける般若の検尋
釈摩訶衍論真偽問題
本初仏(ADI-BUDDHA)について
真言密教に於けるシンボリズム−その「塔」について−
正法眼蔵の中道的立場
平家物語「潅頂巻」の仏教史的性格
華厳鳳潭の研究−特に起信論幻虎録を中心として−
抱朴子外篇について−その内編との関係−
唐最明寺道宣律師考
隋・西京禅定道場釈曇遷の研究−中国仏教形成の一課題として−
赤松子中誡経と功過思想
居士としての銭牧斎−銭牧斎と儒教−
玄奘訳「因明入正理論」について
宗教的内面性の伝達と教義解釈の観点−仏教における教相判釈によせて−
「無心」について−仏教思想からみるインド的と中国的−
李賀雑考
曇鸞・善導二師の教風−比較宗教哲学的研究−
STUDIES ON NIRVANA-WITH SPECIAL REFERENCE TO THE PROBLEMS:
干潟龍祥博士略歴
干潟龍祥博士主要著作目録
インド古代法における諸種の団体法
集異門足論における十五回の「如法蘊論説」等について
中観荘厳論の解読序説
チャンドラ・アーナンダの釈による勝論経の全訳
前期ウパニシャッドに於ける心理説について
梵文大事について
ガンダーラ後期の状勢と入竺僧たちの記録
空の考察
ポリネシアン・タブーの特質

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る