印度古代の文化と芸術
支那宗教史実に於ける神滅不の論争並びに其民族的批判
不断念仏の史的研究序論
三度び起信論支那撰述を論ず
世自在王と阿弥陀
冏師の日本書紀私抄に就て
精神生活の本質
南岳慧思の学風
般若理趣経和訳批判
独語(答密教発達志批評)
日蓮聖人伝批判
千臂千針曼殊室利経并其序真偽考 3
起信論と占察経との類同及関係 上
名越善導寺考
薬師寺基弁大徳の事蹟及び其著書
再び玄証阿闍梨に就て
論画百絶
漢訳大蔵経成立沿革 上中下
飛鳥時代の造像と其の系統
弥勒来迎図之研究
知恩寺岌秀伝之補正
仏儒両典に顕はれたる二教調和論の精究
荻原氏の「般若理趣経和訳批評」を読む
長谷部氏の「荻原氏の般若理趣経和訳批判を読む」に答ふ
向阿証賢の事蹟及び其の思想
大仏頂首楞厳経真偽問題
隆寛、成覚、空阿三師の流罪に就て
十念の研究
顕教密教の名称に就て
四部「ニカーヤ」の注釈書を拝領して
川柳雑抄
権田雷斧氏の「大日経住心品疏続弦秘曲」を読む
我が憲法の信教自由の問題に及ぼせるスタイン碩学の功過を憶ふ
経典所説の尺度及び数量
SUTTA-NIPATAの研究
義山上人遺墨及び小松谷の開創
乾と仏との類同
啄木鳥の話
信瑞の明義進行集と無観称名義
マハーブハーラタの尸毘王物語
因明作法の変遷並に其の著述
古代印度民族の日常生活と調度品
真言学僧智暉に就て
伊勢村松松林寺旧蔵大般若経
ダマヤンティ姫
支那山西省天龍山仏龕調査通信
天龍山石窟
比登之古乃世
天龍山石窟調査報告
安然の悉曇血脈中に見ゆる文徳天皇第二皇子算延
敬西房信瑞著明義進行集に就いて
兼好法師及徒然草の川柳
河口慧海氏著「西蔵伝印度仏教歴史」批判
天龍山石窟造像攷
満済准后日記に現はれたる仏教
江戸季世に於ける或る怪異について
浄土宗の倶舎学者
論画絶句
?z猴王の話
巴梨律蔵中の本生話的要素
闍婆の千仏壇
漢巴対照長阿含研究概括
清涼殿裡即身成仏現証に就ての疑義
渡辺楳雄君の「仏陀教説の外延」を読む
悲華経の弥陀本生説話に就て
密教発達志の龍智抹殺論に対して
信瑞の法然上人伝と明義進行集第一巻に就て
大夏考
五部心観
恵蕚和尚伝考
浄土宗三経一論五部九巻の伝来に就て
五台山
五台山記
五台山遊記
霊仙三蔵行歴考
五台山
遊五台山記
真如親王と共に渡天の途に上つた入唐僧円覚
毘紐?i派と浄土教との思想的交渉に就て−印度教の成立分派と信仰哲学(BHAKTI-MARGA)派の発生
KATHA-VATTHUに就て(英訳論事序文)
巴利文論事及び覚音註釈和訳 1〜4
仏教の中心概念と法の意義
巴利文僧支部和訳
巴利仏教研究覚書
仏教学徒の開拓すべき一学田−印度古代民族の宗教思想と古学派分立展開の気運に就て−
印度思想の史的展開を観る
法聚論本母和訳
補特伽羅論
阿羅漢退転論及梵行断結論
説一切有部対破論
梵文法華経偈文の研究
般若波羅蜜多経の要釈なる蔵文明解(現観)荘厳論の釈
マハーヴァスツ地獄品(訳)の研究
渡辺君の「マハーヴァスツ地獄品の訳」を批議して
六足論の発達
浄土観念の吟味と仏の弁証法的考察 上
仏教僧伽の訴訟裁判法について
佐藤両学士の訳著「論事附覚音註」
因の相違決定から観て喩支の効力価価値を疑ふ
法然教の本質と宗学の本領

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る