瑜伽論記に関する二、三の問題
日本仏教の使命
日本仏教の本質−聖徳太子、最澄の一線を中心として
日本仏教の本質の再検討とその使命
真宗典籍の国語学研究について
華厳経
日本浄土教に於ける智慧に就て
正法眼蔵の典拠に就いて
教行信証の構成に関する問題−特に高田本山の史料を中心として
本願寺教団の成立とその日本的性格
音成就金剛著「性入(法)」訳注
金沢文庫伽陀集
慈善救済史上の聖徳太子
救済成立の基礎原理としての仏性と願心
末法思想と鎌倉諸聖の態度及び動向
三性説の類型的考察−原始唯識説の根本立場 第二章
世界成立の意義及び構造−華厳経の構想にもとづいて
空義と有
根本仏教と禅
常盤博士の「訳経総録」について
染浄二分依他性の考察
浄土教根本経典の対照研究
本仏の救済体系−「本仏実在の宗教哲学」の一部
大屋徳城師著「寧楽仏教史論」を読みて
初期仏教の印度に於ける流通分布に就いて
藤原猶雪氏著「日本仏教史研究」を読む
アノウラター王と仏教
林岱雲氏著「日本禅宗史」について
蜀地仏教の黎明
安井廣度氏著「法然聖人門下の教学」
トウングース族と仏教
契丹人と仏教
朝鮮民族の興亡と朝鮮仏教の隆替
部派仏教に於ける瑜伽師とその役割
摂大乗論に関する二、三の問題
パルナシャバリー陀羅尼に就いて
華厳両巻旨帰について
支那南北朝に於ける中道説の展開
仏教の影響下に於ける支那音韻学
「西域記」の研究に於ける主要問題とその検討
植物分布上より見たる大宝積経成立地の暗示
数論説 1行〜154行
仏教の正統的本体論に就いて
安養抄に引用せられたる「往生論疏」について
初期の涅槃宗に関する研究
金沢文庫の声明に就いて
瑩山の思想
十戒に就て
陰馬蔵相考
解脱道論と清浄道論の比較研究
吠陀アーリアン思想に現れたる我の問題
根本仏教の無我説
原始仏教に於ける我の問題
「タットワサングラハ」に於ける補特伽羅説の批判
「倶舎論」に於ける無我論による人生観
「入中観論」に於ける観我の要項
唯識学より見たる我の問題
仏教に於ける無我の大我の思想
ゼロと空-アジア的思考の原型-
MAHASUTRA-「デンカルマ目録」にあらわれる根本有部系経典群-
THE INFLUENCE OF THE PALI COMMENTATORS AND GRAMMARIANS UPON THE THERAVADIN TRADITION
QUOTED VERSE PASSAGES IN THE WORKS OF BUDDHAGHOSA:CONTRIBUTIONS TOWARDS THE STUDY OF THE LOST SIHALATTHAKATHA LITERATURE
BUDDHIST SECTS IN THE ASOKA PERIOD 8-SUPPLEMENTARY ARGUMENT-
サンスクリット本城邑経(NAGARA)-十支縁起と十二縁起 1,
A REPORT ON PALI DICTIONARIES
VACISSARA'S SIMALANKARASANGAHA AND THE DISAGREEMENT BETWEEN COLIYAS AND SHIHALAS
パーリ語諸辞典編纂事業の現況
REPHRASED RULES-THE APPLICATION OF MONKS'PRESCRIPTIONS TO THE NUNS'DISCIPLINE IN EARLY DUDDHIST LAW-
ノーマンPTS会長の来日と「水野出版基金」の設立
ON THE AUTHORSHIP OF THE ATTHASALINI
諸行考 1〜4 -原始仏教の身心観-
TWO KINDS OF SUBSTITUTES FOR THE BUDDHA IN THE MAHAPARINIBBANA-SUTTANTA
説一切有部アビダルマにいう八種の「形色」について
シャマタデーヴァの伝える律典
PANNASAJATAKA中のSATTADHANUJATAKA訳注 1
タイにおける捨戒作法-研究ノート-
CHRONOLOGY OF THE SIHALA SOURCES FOR THE PALI COMMENTARIES 1,2
SANKARA AND BUDDHISM-MATERILAS FOR HIS REFUTATION OF BUDDHISM-
「雑阿含経」の研究と出版
AN ASPECT OF EXTERNAL SANDHI IN PALI
REMARKS ON THE DATE OF THE HISTORICAL BUDDHA
A SURVEY OF ANISAMSA MANUSCRIPT COLLECTIONS IN PALI
漢訳の「中阿含経」と「増一阿含経」
THE COMMENTATOR DHAMMAPALA'S METHOD OF WORK:SOME OBSERVATIONS
TISARANA-THE THREE REFUGES
PURIFICATION IN EARLY BUDDHIST DISCOURSE AND BUDDHIST ETHICS
仏教学関係欧文雑誌内容目録 1 -1972年1月〜12月-
THE BUDDHIST VIEW OF MATERIAL EXISTENCE:AS INTERPRETE IN THE THERAVADA TRADITION OF SRI LANKA
諸法考−DHAMMAの原意の探求と再構築− 法と諸法と縁起−教団の形成と発展− 7
A PALI-ENGLISH DICTIONARY
タイ国18世紀前半作製絵付折本紙写本の構成と内容−水牛寺本・ワットラット本・ニューヨークパブリックライブラリー(ThaiMS.7)本の比較−
PREAMBLE TO THE ANAVATAPTAGATHA
初期仏教における涅槃−無我説と関連して−
A STUDY OF THE RASAVAHINI-WITH SPECIAL REFERENCE TO THE CONCEPT AND PRACTICE OF DANA
パーリ仏教における菩薩の語義−ブッダゴーサ註釈と復註文献との異同−
A CRITICAL SURVEY OF EARLY BUDDHISM 1〜3
BUDDHIST SECTS IN THE ASOKA PERIOD 1-THE MENING OF THE SCHISM EDICT- 2,3-SAMGHABHEDA 1,2-
VITAKKAVIPPHARASADDAの解釈について−上座部大寺派の音声理解−
AKARA AND DIRECT PERCEPTION:VAIBHASIKA VERSUS SAUTRANTIKA
「十誦律」「多識多知諸大経」について 1,2

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る