法華経「化城喩品」の成立−城喩経類が関与した可能性を探る−
MAHINDA DEEGALLE:
シャンカラと仏教-仏教論難の一資料-
パーリ仏教における色法をめぐる諸議論-形色と極微-
ポール・ケイラスのパーリ聖典理解−東洋と西洋の狭間で−
A BRIEF NOTE ON SANNA
THE PLACE OF BUDDHA IN THE RELIGIOUS MILIEU OF INDIA IN THE SIXTH CENTURY B.C.
MAHABODHIVAMSA第12章「樹王来島物語」訳注
諸経会要 1巻
パーリ註釈文献研究の現状と展望 1−1984年以降の日本人の業績−
THE UNIVERSAL CONCOMITANTS OF CONSCIOUSNESS IN THE ABHIDHAMMA PSYCHOLOGY
『根本説一切有部律』「薬事」における経典「引用」の諸相 3−附・逆引き経典対応表−
「パーリ法句経」偈の対応表(追加訂正表)
パーリ上座部における行為の構造
「ヴットーダヤ」訳註(VUTTODAYA)-パーリ韻律論-
パーリ上座部の縁起の語義釈-VISUDDHIMAGGA,PARAMATTHAMANJUSA訳註-
VINAYASUTRAに示されるTATSVABHAVAVAISIYAの罰則規定−根本説一切有部律及び同系統の律典との相違−
諸法考−DHAMMAの原意の探求と再構築− 2 法と諸法−縁起成道から梵天勧請まで−
法句経対照表 1〜3
阿含と倶舎論-界品 3-
律蔵の中のアディカラナ 1〜5,
縁起説の問題点
TYPES OF THE PALI COMMENTARIAL LITERATLRE AND THEIR VALUE AS RESERCH MATERIAL
TITTHA-KARA(SK.TIRTHA-KARA)について-派祖・教祖・外道-
BUDDHISM IN MODERN JAVA AND BALI
根本説一切有部律における経典引用の問題−MAHADEVASUTRAの事例−
ダンマパダアッタカター訳 2 -マッタクンダリ物語翻訳ならびに研究
「スッタニパータ」の偈や経の対応表
原始仏教における縁起説の考察
スリランカの仏教省創設と大統領の指針
タイ国通信
逍遥堂集 1巻
斑足王食人肉譚の展開について
「パーリ語文献史」和訳索引(GANDHAVAMSA)
「ディヴィヤ・アヴァダーナ」に見られる業の消滅
BUDDHAGHOSA-HIS WORKS AND SCHOLARLY BACKGROUND
ON
「パーリ聖典協会」より「パーリ文献協会」へ
SRILATA'S ANUDHATU DOCTRINE
長老偈,長老尼偈の対応表
THE GENESIS OF THE CARDIAC THEORY OF CONSCIOUSNESS: AN HISTORICAL RECONSTRUCTION
「信を発こせ」再考-PAMUNCANTU SADDHAM-
諸法考−DHAMMAの原意の探求と再構築− 法と諸法と縁起−教団の形成と発展− 6
THE TRANSMISSION OF THE NEW MATERIAL OHARMAPADA AND THE SECT TO WHICH IT BELONGED
「ヴァスッディマッガ・ニダーナカター」について−現代におけるパーリ語の著作−
著作権・出版権の尊重-PTSよりの通告を受けて-
パーリ上座部の業論 1 -業果の必然性- 2 -輪廻-
BUDDHIST SECTS IN THE ASOKA PERIOD 7-THE VIDHASA AND THE SARI-↓
駆出羯磨の起源-VINAYAとNIKAYAの関係-
BUDDHAGHOSA'S COMMENT ON MANOPUBBANGAMA(A.1.11)(AND ITS SIGNIFICANCE AS REGARDS THE AUTHORSHIP OF THE DHARMMAPADA COMMENTAY)
南方上座部と有部の食厭想修習の比較
BUDDHIST SECTS IN THE ASOKA PERIOD 4-THE STRUCTURE OF THE MAHASAMGHIKA VINAYA-5-PRESENTING A HYPOTHESIS- 6-THE DIPAVAMSA-
パーリ「法句経」逆引き索引(正誤表)
パーリ文献協会の新役員
THE DEFECTS IN THE ARHAT'S ENLIGHTENMENT-HIS AKLISTA-AJNANA↓
諸法句経の偈の比較対照
MAHAYANA WITHIN THERAVADA ?
AJANTA仏教碑銘-マハーラシュトラの仏教部派-
パーリ仏教教義集成「サーラサンガハ」について
PTS版テキストの限界−「ディーガ・ニカーヤ」を中心に
パーリ二十四縁説の研究
「仏教研究」誌創刊25年を迎えて
インターネットとパーリテキストの活用
BUDDHAGHOSA'S ROLE AS A COMMENTATOR:FAITHFUL TRANSLATOR OR CRITICAL EDITOR ?
CLASSIFICATION OF MATTER ASSUMED IN THE ABHIDHAMMIKA DISCOURSE ON INSENSATE HUMANS(VISANNI) AND NON-SENTIENT DENIZENS(ASANNI)
諸法考−DHAMMAの原意の探求と再構築− 3 法と諸法−初転法輪をめぐって−
アバヤギリ派の五蘊・十二処・十八界−「有為無為決択」第13章−
神通/神変の効能と使用上の注意−説話文献の用例を中心に−
MOTHER CONCEPT IN THE HINDU AND BUDDHIST TRADITIONS
サンガの「和合」をめぐって−SAMANASAMVASAKAとNANASAMVASAKAの検討−
THE PLACE OF SOUTH-EAST ASIA IN BUDDHIST STUDIES
THE DATE AND THE ORIGIN OF THE MAHAPARINIBBANA-SUTTANTA
パーリ律蔵PARIVARAとSAMANTAPASADIKA−その制定制度の近似性−
四諦説の種々相と法観
THE MULASARVASTIVADA VINAYA MUKTAKA−根本説一切有部目得迦−
有の無常性-論理学派における原始仏教テーゼの展開-
修行道論より見た阿毘達磨論書の新古について-「雑阿毘曇心論」を中心に-
BANGKOK国立図書館所蔵パーリ語経典の写本リスト
「タイ仏教増伽に於けるUPASAMPADA(比丘得度式)次第」マハーニィカイ派に於ける式次第-
BHATTA NARASIMHA'S SARASVATIKANTHABHARANA-VYAKHYA(PARICCHEDA 1
THE MANICUDA STUDY
雑誌「仏教研究」の過去と将来
法宝の法の意味
原始仏教資料におけるヨーガ(YOGA)の概念
水野弘元博士の白寿を祝す
SUR LES“VERS A MORES”TELS QU' ATTESTES DANS LE JATAKA PALI:PREAMBULE
AN ADDRESS IN CELEDRATION OF PROFESSOR KOGEN MIZUNO'S 99TH YEAR
DIVYAVADANAに見られる説話のプロット分析とその類型化
SUBODHALANKARA-パーリ修辞論- テキスト篇
スリランカ王統年代論再考-W.ガイガー説修正の研究史-
FA JU JING THE OLDEST CHINESE VERSION OF THE DHARMAPADA:SOME REMARKS ON THE LANGUAGE AND SECT-AFFILIATION OF ITS ORIGINAL
THE DEVELOPMENT OF THE PALI UDANA COLLECTION
A THIRD LOOK AT SANNA:SOME FURTHER CLARIFICATIONS
原始仏教研究の問題点
諸法考−DHAMMAの原意の探求と再構築− 法と諸法と縁起−教団形成の端緒をめぐって− 4
想受滅(SANNAVEDAYITANIRODHA)とはどのような禅定か
A BIBLIOGRAPHY OF THE WORKS OF KOGEN MIZUNO
パーリ律蔵に現れる懲罰羯麿の語義
最近インドネシアにおける仏教儀式-PANCARAN BAHAGIAについて-
「ミリンダ王問経註釈」について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る