馬場紀寿著「上座部仏教の思想形成−ブッダからゴッタゴーサへ−」 1
縁起説と無常説と多元論的分析的思考法 1
SAMANTAPASADIKAと律蔵-波羅夷第二条を中心にした考察 1-
サンカーラの研究
MAHAVASTU-AVADANAの構造
PALI JATAKAに於けるMATRACHANDASの性格
原始仏教の定義の問題
SUBODHALANKARA-パーリ修辞論-訳註篇 上下
波羅夷第二条を中心にした考察 1
タイ仏教における護呪経典について
A STUDY OF THE PUGGALA CHAPTER IN THE KATHAVATTHU AND THE VIJNANAKAYA
アショーカ王の七種の法門に関連して
SARATTHAPPAKASINI源泉資料年代論
中緬国境地域における上座仏教と大乗仏教-中国徳宏・ミャンマーコーカン地区を中心として-
IS THE LAW OF KAMMASSAKATA VIOLATED IN THE CONTEXT OF
ON DHARMACAKRAPRAVARTANA-SUTRA
阿育王のアラム語碑文新解読-タキシラ碑文と第一カンダハール碑文-
パーリ註釈文献に現れた仏陀観とそのスリランカ的変容
A STUDY OF SEVEN DHARMAPARYAYAS MENTIONED IN THE ASOKA EDICTAND HIS POLICY OF DHARMA
パーリ三蔵所収の偈 1
尸陀槃尼撰「?y婆沙論」と浮陀跋摩等訳「阿毘曇毘婆沙論」対照表
PARITTA IN THAI BUDDHISM
仏教学、いかにあるべきか
BODHISATTAS IN THE PALI COMMENTARIES
パーリ聖典の成立順序−「アビダンマ蔵」と「クッダカニカーヤ」の編纂−
THE DEFINITION OF PRIMITIVE BUDDHISM
NOTES ON THE METRES OF THE SAGATHA-VAGGA OF THE SAMYUTTA-NIKAYA-IDENTIFICATION OF MATRES 1-
セイロンにおけるパーリ語典籍の刊行おぼえ書 1
A HISTORICAL INTRODUCTION TO THE SIMALANKARASANGAHA OF VACISSARA THE RATH
BUDDHAGHOSA'S VIEW OF THE BUDDHA'S LIFESPAN
THE REBELS AGAINST THE CODIFIED LAW IN BUDDHIST MONASTIC DISCIPLINE
転法輪経について
漢訳法句経の翻訳成立について
STRUCTURAL ASPECTS OF THE MAJJHIMA-NIKAYA
ON THE OCCASION OF THE PUBLICATION
SAYAMPITTHIVATTAKA:AN OBSCURE PHRASE SUGGESTING A MUTUAL INFLUENCE AMONG NON-MATERIAL AGGREGATES
阿含の中道説
THE EXISTENCE OF THE SUPPOSEDLY NON-EXISTANT SIKSADATTA-SRAMANERI-A NEW PERSPECTIVE ON PARAJIKA PENANCE-
諸法考−DHAMMAの原意の探求と再構築− 法と諸法と縁起−教団の形成− 5
ブッダにおける対話の在り方
ラオスのサンガ法-1959年サンガ勅令全訳および解説-
中村元先生のご逝去を悼む
「パラマッタ・ジョーティカー」における文法的記述 補註付記
仏陀の葬儀と舎利及び塔供養(SARIRA-,THUPA-PUJA)
MAHA-ATTHAKATHAについて-アッタカター源泉資料研究 1-
アバヤギリ派の十二縁起−「有為無為決択」第14章−
ダンマパダアッタカターの資料的意義
雪山部とその系譜 上下
根本説一切有部律PARIVASIKAVASTUの研究−僧残罪を犯した比丘の遵守事項−
THE THEORY OF THE MIDDLE WAY IN THE AGAMA SUTRAS
A STUDY ON THE WRITING OF THE VISUDDHIMAGGA
THE PALI EXEGETES ON THE SUBLIMINAL AND THE COGNITIVE ASPECTS OF CONSCIOUSNESS
ON THE DHAMMAPADA
VISHVABHARATI UNIVERSITY EXTENSION LECTURES APRIL,1969
DID THE BUDDHA DIE OF HIS LAST MEAL?
『根本説一切有部律』「薬事」における経典「引用」の諸相−「涅槃経」対応部分を中心に− 1,2,
THE THIRTY-TWO CHARACTERISTIC MARKS OF THE BUDDHA
諸法考−DHAMMAの原意の探求と再構築− 1 諸法と縁起
馬場紀寿著『上座部仏教の思想形成−ブッダからブッダゴーサへ−』 2
THE WAY OF THE DIALOGUE BY BUDDHA
独覚のアンヴィヴァレンス−有部系説話文献を中心として−
THE SIGNIFICANCE OF THE DHAMMAPADATTHAKATHA AS A RESEARCH MATERIAL
CARIYAPITAKATTHAKATHAとBODHISATTVABHUMI−パーリ注釈書にみられる瑜伽行派の思想−
FUNERAL OF THE BUDDHA AND WORSHIP FOR HIS RELICS AND TOMB(SARIRA-,THUPA-PUJA)
THE GHOSTS OF NIRVANA
パーリ仏教における注釈の口頭−パーラーパリヤとパーラーサリヤ−
パーリ四部ティーカに現れるNETTIYAMの語を含む引用文
水野弘元先生追悼−先生と「仏教研究」−
漢訳法句譬喩経について
カンボジアのサンガについて
サーサナーランカーラ・サーダン(SASANALANKARA CATAM)−ビルマの仏教史に関する伝承の記録− 1〜10,
VISUDDHIMAGGA-CULLATIKA-SANKHEPATTHAJOTANIの紹介-
行の研究-有行心と無行心-
法集要頌経の研究
仏滅後の教団における阿難の位置
無常観と出家志向-マハーヴァーラタと原始仏教-
PANNASA-JATAKA中のSUDHANA-JATAKA 1,2
九つの往生 九体阿弥陀と九品仏
パーリ仏教における三帰依について-UPASAKAJANALANKARA第一章の研究-
随念の種々相
SARVAMDADA,THE ALL-GIVER
梵語法句経(SDHP)の研究 1,2,2訂正追加表-「仏教研究」第19号,1990年-
心の作用とTHANA
原始仏教に於ける生滅法 1 -釈尊の思想をめぐって-
ARANYA DWELLERS IN BUDDHISM
THE PAL IABHIDHAMMIKA DISCOURSE ON THE
THE ANTARABHAVA
PTS会長ホーナー博士追悼-生涯と業績-
DANA AND DAKKHINA IN THE CONTEXT OF
BUNYU NANJO AND KENJU KASAHARA:JAPANESE STUDENTS UNDER F.MAX MULLER
パーリ注釈文献に現れた「法滅尽」思想
PETAKOPADESAはPETAKAのUPADESA(注釈)か
THE ADVANTAGES OF IMAGE-MAKING
パーリおよび有部文献における「法身」の語義について
BUDDHISM,RELIGION,AND CULTURE(PARADIGMA,PROGNOSES,& PRAXES)-DEMAND FOR GLOBAL SPIRITUAL REVOLUTION-
諸法句経の偈の新古について
北伝阿含の「空」説示−パーリ文献との比較研究−
「法蘊足論」と「分別論」の蘊・処・界論
仏教研究 バックナンバー目次一覧
三世実有説と有部阿含

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る