伝教大師天台法門の由来
真宗門徒の組織−特に惣・講について
大桑斉・前田一郎編『羅山・貞徳「儒仏問答」註解と研究』
「国清百録」諸本考
朝鮮李朝仏教史概説
霊異記の歴史的意義
遠藤一著『中世日本の仏教とジェンダー−真宗教団・肉食夫帯の坊守史論−』
日本ファシズム成立期の真宗-日中戦争との関係を中心に-
シャマタデーヴァの伝える阿含史料-世品(2)-
子島寺真興の宗教的環境-摂関期南部系仏教の動向に関する一考察-
大山寺所蔵の鉄龕銘について
元代の五台山仏教について
小原仁著「中世貴族社会と仏教」
中国仏教における通史の意識-歴代三宝紀と帝王年代録-
興福寺俗別当と勧学院
ターラナートハ印度仏教史
叡山文庫蔵「円頓三聚一心戒」
近世社会における仏教的「教え」の受容と伝達−越前・真宗を中心として−
宋代の村社と仏教
鈴木大拙(守屋友江編訳)「禅に生きる−鈴木大拙コレクション−」
「五山十刹図」に就て
禅宗
玄奘西遊意−玄奘は何故インドへ行ったのか−
大桑斉著「戦国期宗教思想史と蓮如」
「第七回仏教史学入門講座」
童話「花咲爺」と千手観音
法会に刻まれた古代の記憶−大供と大修多羅衆−
古代チベットにおける頓門派(禅宗)の流れ
中国語キリスト教書の流入と仏教の対応-幕末・明治初年を中心として-
「本福寺跡書」に関する一考察
平頼綱とその周辺の信仰
印度仏教史類解説
日蓮宗
日蓮と北条氏
道場法師譚第一段について
一言二言 井伊直弼の仏教信仰評論
浄土宗
大桑斉編「論集 仏教土着」法蔵館
『禅定灯明論』に説かれる漸門派説について
日蓮聖人の研究
ウイグル語訳『観弥勒上生兜率天経賛』について
専修寺本教行信証に関する書誌学的考察
梁武帝仏教関係事蹟年譜考(1)
廃仏毀釈の因由
時宗
ナーガールジュナの諸著作−思想の考察と著作の分類の試み−
「黄槃版大蔵経」の再評価
印度古代の建築彫刻と原始仏教
四童子三昧経三巻
真宗
「室町ごころ」所収「日吉社叡山行幸記」の一考察
中世寺院の僧房と僧団
浅井了意の仏教思想
慈恩寺大雁塔
融通念仏縁起の伝本について,同補遺
金剛三昧経の真偽問題
笠置寺詣
東北地方
藤原宗忠の国政観について
法名と法名状について-戦国期真宗を中心として-
鎌倉の禅風
遣隋日本官人会丞の日本仏教紹介
近世仏教の歴史像-大桑斉氏の「反論」によせて-
疫病と神祇信仰の展開-牛頭天王と蘇民将来の子孫-
高麗続蔵経と中世日本−院政期の東アジア世界観−
「阿育王山志」解説
関東地方
中世曹洞宗における授戒儀礼について-種々の授戒儀礼指南書の発生とその社会的機能-
七寺一切経と古逸経典
唐代悲田養病坊の変遷とその成立背景
仏教史研究に対する希望
菅公の顕揚大戒論序と大戒指南抄
北陸地方
「大乗無量寿荘厳経」にみられる阿弥陀仏信仰の性格
高麗時代の僧録司制度
歴史と宗教
法然伝の史的考察 上中下
東海地方
遼代興宗朝における慶州僧録司設置の背景
中世「芸能」の場とその特質
初期禅宗と法華経
中世東大寺と聖武天皇
僧旻と蘇我氏
「漢訳」と「中国選述」の間−漢文仏典に特有な形態をめぐって−
正倉院御物と仏教
近江湖北
請雨経法と孔雀経法の研究−神泉苑における孔雀経法実修説への疑問−
近世後期真宗法事の実態と意義 上-越後国蒲原郡願正寺とその同行-
バーミヤンの歴史と現実
近世門跡の日常生活
近江湖東
請雨経法と孔雀経法の研究−神泉苑における孔雀経法実修説への疑問−
JITARIの「普遍実在論批判」
喇嘛教宗喀巴伝
近江湖西
インド密教における葬送儀礼の一考察−「悪趣清浄タントラ」に基づく荼毘護摩儀軌を中心に−
秋波手柬 1巻
法金剛院導御の宗教活動
光仁・桓武朝の国家と仏教-早良親王と大安寺・東大寺-
釈・道門の「威儀」-唐代僧・道官制の一考察-

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る