婆沙の覚天に就いて
源信の「往生要集」遺宋について
出雲国鰐淵寺と青蓮院門跡の本末関係
来迎讃について
忍性の宗教活動について
奈良初期の還俗について
茶譚 織田信長と茶事
平城京禅院寺と奈良時代仏教
部派教団における仏塔の地位の独立性
室町時代の時衆について 上下
幕末期西本願寺と『仏法護国論』めぐって−月性「護法意見封事」との相違について−
法相唯識の「行」-「般若心経幽賛」の文献上の問題を通して-
法然上人の戒律観 上下
山本真吾著「平安鎌倉時代に於ける表白・願文の文体の研究」
安藤昌益と仏教思想
報恩寺蓮宗に関する考察-戦国時代の真宗横曽根門徒-
松本義成の滞支活動
同朋大学仏教文化研究所 編「誰も書かなかった親鸞−伝絵の真実−」
生と死と-水と氷の喩えをめぐって-
オソーブツ再考−湖北地方を中心として
元代白雲宗教団の活躍
「仏性論」の一考察
蒙古仏教の地域性−BODHICARYAVATARAを中心として
奥山直司・雲藤等・神田英昭編「高山寺蔵 南方熊楠書翰−土宜法龍宛 1893−1922」
福沢諭吉の宗教利用論とその宗教性
説話より見た唐代仏教−「釈門自鏡録」を中心として
一乗仏教受容の形態−特に法宝の一乗仏性究竟論とその影響
第五回仏教史学入門講座
真言諸行法支度次第
法照和尚念仏讃について 上下
不動明王座像・銘文および納入文書
八世紀の内裏仏事と女性−「仏名会」前身仏事を手がかりに
日下無倫氏の真宗史学
法隆寺皇極焼失説について−伊野部重一郎氏の論を読んで
毀鐘鑄砲の勅諚
平安末期の弘法大師伝
仏教古典の訓読
陶淵明の「乞食」詩の成立について
佐田介石の仏教経済論-近代における封建仏教の倒錯
安然の悉曇の師湛契阿闍梨
神仏交渉史の一齣−親鸞の神祇批判
いわゆる悪人正機説について
護法童子と堂童子
女人往生論の歴史的評価をめぐって-阿部泰郎氏の批判に答える-
宋人の見た金初の仏教−松漠紀聞の記載を中心として
東大寺大仏と鋳造技術
水戸藩に於ける廃仏毀釈
最澄の東国伝道について
般舟三昧の成立と展開
奈良朝時代の写経事業
中国倫理と唐代仏教
日蓮の宗教形成に於ける念仏排撃の意義
わが国における怨霊信仰と大般若経の関係について−庶民仏教としての一試論-
女性と穢れ観
本願寺墾志請取状の基礎的考察-印判状の分析を中心として-
法華神道を論ず
クシャーナ統治下に於けるマトウラーの仏教について
虎関師錬の歴史的位置
覚一本「平家物語」が語る暴力と宗教
徳川時代に於ける学教の衝突
俊乗房重源上人と源通親
9・10世紀における地方豪族の私寺
鎌倉仏教と無住道暁
西夏語訳経史研究(1)-西夏語文献(盗聞)よりみた李元昊の訳経事業について
絵解きの演者-二人連れの絵解比丘尼
井伊直弼の仏教信仰補遺
最澄と空海をめぐる若干の問題
法然と蓮如
ミヒラクラの破仏とその周辺 上下
モンゴル襲来前後の時期における地域社会と仏教−善光寺信仰および信濃国関係の事例を中心として−
「慧因寺志」解説
明治10年代における僧侶の学校教員兼務−教育と仏教の近代史にむけての一視角−
「小寄講」と近世真宗の結集機能について-芸北,石南地方の場合-
東大寺領大和国春日荘について
鎌倉初期の臨済禅−栄西における持戒持斎の意味−
呼和浩特十五大寺院考
宇佐八幡の仏教的性格について
「理安寺志」解説
村の神さま−山野河海理解における戸田的と網野的−
南宗禅宗史における虎丘派
「聖東寺志」解説
託宣集の成立−思想史的試論
苅米一志著「荘園社会における宗教構造」
吉野大峰山と本山派当山派
井伊直弼の「仏教論」に就きて
我が国における仏教系世界図の諸本
談義本研究序説
河音能平・福田榮次郎編「延暦寺と中世社会」
宝巻と仏教説話
藤村『夜明け前』の舞台を歩く
ミニシンポジウム「日本近世の信仰と地域社会」
西トルキスタンの仏教遺跡
西蔵文馬鳴菩薩真俗二諦観
後期アヴァダーナ文献の展開について
西蔵文馬鳴と麻垤哩叱との著書二十六種
近世的寺院の成立とその本質−真宗寺院における「長州型」の考察
初期真宗教団と東国門徒
仏塔の変遷
「崇福寺志」解説
聖徳太子信仰とその造像

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る