古代仏教史の諸問題
御霊信仰の成立-タタリ神から本地垂迹へ-
顕誓の撰述にかゝる「反古裏書」古写本に就て
貴族仏教
東寺座主構想の歴史的変遷
古経寿覚
本尊薬師仏の霊刹につきて
鎌倉仏教史研究の課題
近世琉球王府の仏教政策と寺院
大心義統の功過格
最古の法然聖人摺本影像
敦煌における「廻向輪経」の伝承-吐蕃支配期の中原未伝漢訳経典の研究-
日本におけるシーターの「貞操」
東叡山勧学寮の遺趾
記主禅師撰と伝ふる看病用心に就いて
奈良時代における「金光明最勝王経」の受容過程
「活閻羅断案」攷
「天沢東胤録」の誤謬
日本禅宗の発展
劉建著「仏教東漸」
華厳教理史
僧禅海
一向一揆
国民道徳問題の趨勢及び其評論
仏名法則 上中下 写本
梵学者寂厳
李朝時代に於ける僧軍について
吉田文学士の「観音の救済」を読む
長崎崇福寺の萬人鍋
ボロブドゥール研究について-問題提起と模索-
加藤博士「我建国思想の本義」を読む
加登上人
封建後期仏教史研究の方向
法界寺阿弥陀堂四天柱絵の図像
拙著「我建国思想の本義」に対する阪本君の批評を読みて
梵学者寂厳の附法状
明治時代
新資料ダルマパダについて
「仏教辞林」を評す
「永平清規」講演
日本仏教彫刻建築史
幕藩体制と仏教-近世思想史における仏教思想史の位置づけの試み-
梵文「大本経」縁起説の復元について
明治仏教史の研究
「顕戒論」講演
仏教絵画史
女人禁制結界廃止の結末
民間仏教の研究と民俗学
朝鮮における仏教と民俗信仰−仏教の受容形態 1
維新以来の日光山輪王寺と?ェ厚大僧正
西国を中心とした室町期法華教団の発展−その社会的基盤と法華一揆を中心として
最澄の思想と教団形成-天台的平等の継承-
時頼廻国の説を評してその信仰に及ぶ
朱子の仏教批判
奈良仏教と「霊異記」
王朝美術の歴史的研究 1〜3
或る無名村落寺院の境内仏堂とその前生
義淵と僧綱
北周の宗教廃毀政策の崩壊
平安初期仏教の再検討
長安の西明寺と入唐求法僧
無量寿経糅合本の一研究-王日休の大阿弥陀経をめぐって-
池田光政の思想形成と「太平記読み」
「摂大乗論」無性釈に引用される若干の経文をめぐって-「城邑経」の展開を中心に-
中世に於ける真宗と戒律 上
西域出土の六朝初期の写経
時宗御影堂派本山新善光寺の研究−新出史料も兼ねて
本門法華宗大本山妙蓮寺監修・中尾尭編 京都妙蓮寺蔵「松尾社一切経」調査報告書
隋朝の仏教復興について(陟?邇宸フ菩薩僧設置の問題)
「多度神宮寺資財帳」について-僧綱の寺領検察機能の視点から
美術史から見た西域仏教の一考察-キジル仏立像を中心として-
ジルン活仏小伝-清・チベット関係の一面-
中国禅宗と民衆-庶民信仰展開への一考察-
近世の比丘尼御所 下−宝鏡寺を中心に−
太宰治の見た富士
五山教団の発展に関する一考察
神会とその後の灯史
AN SHIGAO(安世高)AND HIS DESCENDANTS
室町幕府の追善仏事に関する一考察−武家八講の史的展開−
経量部の大徳ラーマ
宋代における東アジア仏教の交流
平安京における寺院と出家-平安京都市論のための一試論-
同朋大学仏教文化研究所編「実如判五帖御文の研究」 影印編・研究編上下
「阿?d仏国経」と女性
摂関期における都市・自然・仏教-「栄花物語」の言説より
CATUHSTAVAテキストの再検討−注釈書を利用して−
仏堂内部の装飾としての壁画
空海神泉苑請雨祈祷説について-東密復興の一視点-
15・16世紀宗教化状況における神観念-東アジア世界史の視点から-
月山寺恵賢その活動と思想
日本感霊録の撰者と成立
マハーヴィラ(大寺)の興起とその衰退 1(英文)
近世中後期の村・地域社会と仏教-河内国富田林村周辺を素材に-
菩提心論末註古写本に就て
大化改新の宗教構造
戦国期加賀における「郡中」について(上)
真宗寺院の永代経執行について-「近世後期真宗法事の実態と意義」補足-
日蓮の生涯
我が国に於ける迦才「浄土論」の流伝
パーリ聖典に見られるパリヤーヤの性格と種種相 1,2

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る