「大乗法苑義林章」に関する文献上の問題
浄影寺慧遠とその無我義
教法にもとづく止観−「解深密経」マイトレーヤ章管見−
海外仏教の進運
倶舎論注釈家GUNAMATIとその弟子VASUMITRA(4)
華厳経に現はるゝ三昧−意味と関連−
文軌の因明入正理論疏−敦煌写本の残簡について−
成唯識論における「仮我(法)」説
苦の超克−縁起説を中心として−
中野重治文学散歩
無我の究竟態としての真勝義−日本唯識の到達点を示す基弁教学−
法のしをり路 流伝悲歌
無我即浄土
印度哲学の特質と仏教
「信願上人小章集」における良遍教学
仏教教化の特質
エセイデの仏教綱要書(1〜3)
アビダルマ仏教の特質
THE PROBLEM OF VERBAL TESTIMONY IN YOGACARA BUDDHISM
チベット訳「楞伽師資記」について
スタイン蒐集敦煌本法華経断簡について
涅槃経における有仏性説の展開について
瑜伽師地論における外教説批判
「次第禅門」における前方便思想の伝承と展開
VIINAPTIについての一考察(1)
世親釈摂大乗論果智分の組織
唯識二十論の原典解釈−調伏天造「二十論釈疏」訳解−
清弁月称の中論釈における理趣と聖教
深密解脱経と解深密経
広釈菩提心論の思想体系
カンギュ宗派の風格
仏教涅槃の卓異性
真宗寺院の社会厚生事業の宗学的基礎に就いて
シュバグプタのANYAPOHAVICARAKARIKAのサンスクリット断片について
ABHABAについて
仏教経典と外典との交渉
日本アルプスの高山植物
「ラーマーヤナ」に及ぼせる経典説話
仏典に見える蓮華について
JITARIのANEKATNAVADANIRASA
古代印度の社会的現実−マウリヤ王朝時代研究資料−
華厳の「即」について−相即相入の根源的意義とその論理的構造−
凝然の仏教史観
チベット訳「一切の如来の真実を摂める大乗経」和訳
ヴァスバンドゥの外界非実在論
「一切悪趣清浄経」の注釈にみる金剛薩?B
慶保胤の十六想観画讃に就て
ヤン・ゴンダ編「インド文献史」全十巻をめぐって
相応の法理−毘雲と瑜伽との関連を中心として−
唯識論書における三縁の四無量心について
阿含の小波
UTTARATANTRA,1-50偈をめぐって−MAHABHASYA研究のすすめ
仏教在家信者の布施について-DIVYAVADANAを中心として-
瑜伽派と弥勒菩薩
続華厳略疏刊定記巻第九後半帙文追補−東大寺図書館蔵古写本二種によりて−
性相について
WHY ZEN BUDDHISM APPEALS TO AMERICAN PEOPLE
唯識説における四智心品の有漏・無漏をめぐる問題考
仏教に於ける真理の開詮
「観心略要集」撰述の意図
證空における天台菩薩戒説の受容について
道安−支那浄土教の始源
南石文?e禅師語録 4巻
原始仏教より浄土教へ
明恵門下における『即身成仏義』解釈−高信撰『六大無碍義抄』上巻翻刻−
集量論研究序説
中央アジアの寺院と部派−再論・バーミヤンの仏教
自性清浄心・如来蔵・無漏種子をめぐる問題
「知恵のともしび」第一章の和訳 2〜4,−緑の考察−
西ウイグル仏教のクロノロジー−ベゼクリクのグリュンヴェーデル編号第8窟(新編号第18窟)の壁画年代再考−
阿毘達磨に於ける声聞道
中論「仏護註」第17章和訳−業と果報の考察
トルファン学研究所所蔵のソグド語仏典と「菩薩」を意味するソグド語語彙の形式の来源について−百済康義先生のソグド語仏典研究を偲んで−
ダルマキールティの「プラダーナ論証批判」-PRAMANAVARTTIKASVAVRTTI研究 2(KK.190-191)
「イラン語断片集成」中漢文仏典断片一覧補訂
GOKHALE氏の近業について−梵文「倶舎論偈頌」並に「阿毘達磨集論」断片
密教における金剛薩?Bの研究−「金剛頂経」釈タントラにもとづいて
臨死問答と重病人看護−阿含・ニカーヤ及び律より−
往生論註における反切の再検討
第二結集の研究
ブトンのチベット仏教史−蔵文和訳−
法宝の「一乗仏性」教学の特色 1-「一条仏性究竟論」の前3巻を中心として
MAHAPADANASUTTANTAにおける過去仏の成道記事
東大寺中性院所蔵「横川首楞厳院廿五三昧恵心保胤臨終行儀」の再検討−叢書本の誤植による問題点−
梵文阿弥陀経に於ける連続体用法
ギリシア・サカ・パルティア・クシャーナ時代の印度仏教銘文に就いて
ファルハー・ドベーグ出土梵本法華経宝塔品に就て
性と修の問題−涅槃経に於ける展開−
RELIGIOUS MIND OF LAMAISM
智??の法華三昧に就いて−慧思との比較を中心に−
転識論
法相唯識の改革者 良算−摂用帰体の新展開
「手杖論」について
阿含経典に見られる布薩の研究
仏教の人間観
四種沙門をめぐって−「KASYAPA PARIVARTA」121〜133に対する「大宝積経論」略釈・広釈の解釈の違い−
アビダルマの極微論 1-極微が触れるか触れないかという問題を中心として
二種五蘊説交渉に関する一試論
大乗二種姓解釈の変遷について
智??と潅頂における「涅槃経」観−吉蔵撰述書との比較を通して−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る