小谷信千代著「大乗荘厳経論の研究」
スリランカの仏教研究事情
THE EKOTTARA-AGAMA FRAGMENTS OF THE GILGIT MANUSCRIPT-ROMANIZ-ED TEXT-
NINIAN SMART:DOCTRINE AND ARGUMENT IN INDIAN PHILOSOPHY
心染有情染 心浄有情浄
H.SADDHATISSA(ED.):UPASAKAJANALANKARA
智儼の阿梨耶識観
吉蔵の注疎にみられる宗教的課題
TAKASHI HIRANO:AN INDEX TO THE BODHICARYAVATARAPANJIKA,CHAPTER 9
第2回エドワード・F・ギャラヒュー世界宗教会議に参加して
仏教におけるSADDHA(信)の概念
仏教研究について
神仏習合の神と仏
G.M.BONGARD-LEVIN:STUDIES IN ANCIENT INDIA AND CENTRAL ASIA
宗教と民族性 下
元暁の涅槃宗要-特に浄影寺慧遠との関連-
華厳における仏の光明について 下
南条文雄先生-近代仏教学研究の先駆者-
真宗教学研究所編「浄土論註総索引」
初期禅宗史書の研究
「心(CITTA)」の語義解釈-特にヴァスバンドゥの立場を中心にして-
S.MOOKERJEE AND H.NAGASAKI:THE PRAMANAVARTTIKAM OF DHARMAKIRTI
佐藤博士古稀記念仏教思想論叢
フランス仏教学、日本学についての雑感
インド仏教への道しるべ 3-中観仏教-,4-唯識仏教-,5-戒律仏教-
ハンブルク大学の印度学研究
「央掘魔羅経」における「如来蔵」管見
パータリプトラ(PATALIPUTRA,PATALIPUTTA)考
「分別縁起初勝法門経(AVVS)」-経量部世親の縁起説-
桂紹隆著「インド人の論理学」を読んで
インドの仏教遺跡について思う-第1回「インド仏教遺跡海外研修」の実施を記念して-
語それ自身のかたちとその弁別-書評 赤松明彦著「古典インドの言語哲学 1,2(東洋文庫 637,638)」
ジャータカにおける辟支仏とその役割
初の世界仏教徒サミットに参加して
禅経における瑜伽行者−大乗に架橋する者
マンダラのほとけたち
大乗『大般涅槃経』の構造について
法華玄論の撰述について
日本仏教の光と影を見つめて-21世紀への課題-
福島光哉著「宋代天台浄土教の研究」
『中本起経』における説話伝承の系統について−「仏食馬麥品」を中心に−
初唐法宝の仏性説について
セラ-ジェツゥンパ「現観荘厳論八句義七十義決択」和訳 1
仏塔の生成とその信仰の展開
有部を巡る諸問題
曇始と高句麗仏教
横超慧日先生−中国仏教研究における偉功を追慕して
四津谷孝道『ツォンカパの中観思想』後編
仏教における僧伽の基本的理念について
唯識無境と相違識相智について
VASUBANDHU'S PANCASKANDHAKA,CRITICALLY EDITED BY LI XUEXHU AND ERNST STEINKELLNER WITH A CONTRIBUTION BY TORU TOMABECHI
NAMARUPAPARICCHEDA(名色差別論)-第3の差別-
密教の特質
『釈軌論』の経典註釈法とその典拠
如来性起経典の怪-その正体をめぐる常盤・高峰説への疑義-
ラムリムチェンモ(止の章)の和訳 1,2
往生伝と語り−「聖なる伝記(SACRED BIOGRAPHY)としての『日本往生極楽記』
中辺分別論(障品)の和訳並びに研究 1〜3
出目家の能面と肖像彫刻
佐々木教悟編「戒律思想の研究」
真妄から理事へ-法蔵の智儼観-
『一切悪趣清浄儀軌光明荘厳』にみる引用経軌について
無性の学流について-チベット訳をテキストとして-
現観辺智諦現観
庄垣内正弘著「ウイグル文アビダルマ論書の文献学的研究」
BIBLIOTHEQUE NATIONALE:CATALOGUE DES MANUSCRITS CHINOIS DE TOUEN-HOUANG(FONDS PELLIOT CHINOIS)
佐々木現順野々目了著「基本パーリ語文法」
浪花宣明著「在家仏教の研究」
犀角経と辟支仏
心のしくみ
氏家覚勝著「陀羅尼思想の研究」
「観無量寿経疏妙宗鈔」の撰述背景をめぐる一考察
仏像起源説再考−オリッサ出土の磨崖仏からの試論−
「成唯識論」の文献上の性格と思想の特徴
大学院「特別セミナー」開設にあたって
大谷大学図書館所蔵「西蔵文献目録」(CATALOGUE OF TIBETAN WORKS KEPT IN OTANI UNIVERSITY LIBRARY)
維摩詰所説経と吉蔵
ハリソン教授の方法論-新たに開講される大学院特別セミナーに期待して-
PAUL MAGNIN,LA VIE ET L'OEUVRE DE HUISI慧思(515-577) -LES 0RIGINES DE LA SECTE BOUDDHIQUE CHINOISE DU TIANTAI-
ROBERT E.BUSWELL,JR.ED.CHINESE BUDDHIST APOCRYPHA
小川一乗著「空性思想の研究-入中論の解読-」
五種法身説-中国仏教初期における法身説の一類型-
シャンカラは本当に仮面の仏教徒か?
WALPOLA RAHULA:LE COMPENDIUM DE LA SUPER-DOCTRINE(PHILOSOPHIE)(ABHIDHARMASAMUCCAYA)D'ASANGA
NATHMAL TATIA(ED):ABHIDHARMASAMUCCAYA-BHASYAM
チム・ジャンピーヤンの「倶舎論釈」(大六章賢聖品)の和訳 1,2
中国仏教研究法私見-特に初歩の学生諸君のために-
研究生活の歩み-学生時代をしのびて-
入楞伽経にあらわれる人法二無我の教説について
「弥勒請問章」の三相所説に対するツォンカパの解明
「順正理論」の三世実有説
無色界とさとり
大乗仏教における「有」の論理
仲尾俊博著「日本初期天台の研究」
韓国仏教史蹟踏査記
「一切法因縁生の縁起」をめぐって
恵心僧都と四明知礼 上下 -趙宋期における日中天台の交流-
ゴメツ教授による大学院特別セミナーについて-仏教と仏教研究における権威の源泉-
ジュニャーナシュリーミトラのアポーハ論
PETER FENNER:THE ONTOLOGY OF THE MIDDLE WAY

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る