中世後期本願寺教権と一向一揆−対応論の検討を中心に−
室町時代の奈良仏師について
第四結集の問題点
平安時代の浄土教−天台浄土教の芽ばえと発育−
新仏教徒における神祇観とその問題点
存覚とその周辺
LATERNENDECKEと石窟空間
道?ア比蘇寺入山考
維新政権と神道国教化政策
鈴木正三の「出家」についての問題点−とくに思想形成に関する覚え書として−
西行に関する謡曲の典拠について−「撰集抄」に関する疑問
空海研究の問題点
書紀欽明十三年仏教伝来の筆録者に関する一試論
往生伝に見る念仏者の様相−妙好人の原風景として−
行基研究の問題点−最近の研究動向への疑義−
求法僧の旅行記に見られる中央アジアの仏教
信長の「天下」と一向一揆−元亀元年の開戦をめぐって−
親鸞における伝道と神祇
最近の行基研究について
安土宗論における法華宗と信長政権の動向について−『安土宗論実録』・『己行記』・『信長公記』を素材として−
「新興仏教青年同盟」論
敦煌本『摂大乗論抄』の原本(守屋コレクション本)と後続部分(スタイン2554)とについて−翻刻と研究 前,後編−
発端
中国南北朝と百済の仏教
日本霊異記歌咏考
本願寺成立の特質−真宗教団史論への一前提−
薩摩の一向宗禁制理由に関する二・三の問題
宋朝天台浄土教の実践面の考察−古雲元粋述「観堂長期修懺規式」について−
北魏太武帝廃仏考
国家仏教と僧尼令
律令体制下における楽舞の動向
推古朝における僧正僧都制の性格
親鸞教学の歴史像−とくに「神祇観」を中心に−
戦国期三河本願寺門徒団における「一向一揆」
仰誓撰「妙好人伝」編纂の発端
安国寺・利生塔の設置と地域・守護−伊賀国を事例に−
近代における真宗の教学路線−とくに真俗二諦を中心として−
大谷光瑞の中国古陶磁研究
修正会・修二会の成立に関する一考察−古往来「東山往来」を手がかりに−
仏教の「厭世観」と社会的活動−明治中期における仏教的慈善の展開とその論理形成について−
アルフレッド・ブルーム氏に関する「覚書」
近世真宗史の視点−薩藩真宗禁制史の諸問題を中心として−
天草における排耶と幕領支配−鈴木正三を中心として−
一向一揆論のための序章
吉田・二葉論争にあらわれた真宗信仰の特質
親鸞の信仰とその歴史性 上,下
太秦広隆寺牛祭に関する一考察
清沢満之の信仰とその歴史的立場
真宗大谷派における「戦時教学」の一側面
明治期の仏教諸結社の成立(上)
新出履善師自督書考
発言−奥本武裕氏の論考に触れて−
石清水八幡宮の柳禅尼如鏡と叡尊
并州大寺・開化寺と曇鸞・道綽
親鸞と悪人−平雅行氏の所論を通して−
筑紫高等女学校における「戦時教学」の一側面−創設者水月哲英の「仏教・真宗」信仰の内実−
貞観五年御霊会の成立とその意義−法相宗における宗派意識の発展を手がかりに−
群馬県金剛寺銅造三尊種子懸仏をめぐって-金石資料研究の一視角-
吐蕃ツェンポの末裔−ラ(ツァナ)・イェシェーギェンツェン、ティパ父子を中心に−
専修念仏「造悪無礙」の研究史小考-「親鸞と一念義」への序章-
雑誌「日本主義」とその時代-国家と個人の問題について-
孝徳朝における十師制と僧正僧都制
行基と呪術
八幡神成立考
仏教史研究における実践性の回復を
源為憲と「空也誄」−空也研究の方法的前提として−
『元亨釈書』僧伝の編集基準
源信と二十五三昧会について
建永の法難について
投子義青禅師語録 1巻
日本古代の仏教信奉と重層的宗教構造に関する覚書
中世の寺院景観と墓
親鸞における「自信教人信」−佐貫三部経千部読誦の読み方−
聖徳太子の仏教精神について−十七条憲法よりみて−
幕末防長における僧侶の動向
「いまこせんのはゝ」私見
近代仏教における政教論の一断面−新仏教運動の場合−
「永可放聖人之御門徒中」について
新出・慈明寺智広師「勧化意得書」考
竺沙雅章氏「敦煌の僧官制度」(「東方学報」京都第31冊収録)
明治期における朝鮮開教と宗教政策−特に真宗大谷派を中心に−
古代における民衆と仏教−民衆仏教の一断面−
本願寺教団における思想犯教誨の問題
行基とその集団の社会活動について-四十九院を中心とする行基の社会的活動-
空也の念仏
千観浄土教の歴史的性格
近世寺檀制度の成立について−民衆支配とその成立基盤を中心として−
親鸞研究方法論ノート
東寺領丹波国大山荘における農業の研究−栽培技術を中心に−
近代天皇制と「靖国神社国家護寺法案」
幕藩制国家の権力編成と仏教−奈倉哲三氏の「発言」によせて−
帝国憲法制定期の仏教−僧侶被選挙権・兵役免除問題を中心に−
近世真宗史研究四十年の回顧と課題−龍谷大学最終講義−
護摩堂の不動
西本願寺教団にみる地方教校設置の理念と現実 下
普賢大円の戦時教学の一側面−「没我」という概念を中心として−
井上秀天の仏教と平和論
現代日本に於ける社会学問題と仏教
「端坊由緒書」について
初期本願寺教団における顕密諸宗との交流 -覚如と存覚の修学を基礎にして-

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る