「無畏論」とその成立年代−「般若経」の引用を手がかりとして−
法称の二証因(自性因/結果因)と瑜伽論因明
能熏の原語について
真言密教における声論の構造
言語の分節化と類似性−バルトリハリとクマーリラ−
法華経の一乗思想三乗説に対する構造機能分析−華厳十地におけると法華一乗におけるとの比較対照(関係図式)−
到達作用説とサーンキヤ哲学文献
心真如と心生滅
道元と中古天台本覚思想-「正法眼蔵法華転法華」を通路として-
華厳同別一乗の成立と展開-法蔵の別教一乗の特異性-
潮の道に生活する人々 漁師の民具・魚商
西蔵大蔵経甘殊爾の戒律部におけるテキストの配列順序
吉蔵の仏身論-三身説を中心に
入楞伽経の唯識説-“DEHA-BHOGA-PRATISTHABHAM VIJNANAM”の用例をめぐって-
最勝楽出現タントラ「説真実品」・その梵文テキストと和訳-タントラ仏教に於ける真理観の一例として-
不二一元論と仏教にみられる「定義不能」という概念
経部師シュリーラータ 1
「住心」の構造について-「住心品」と「十住心論」-
智儼の学問的立場-その基礎的問題の検討-
NIMITTA(相)について
声無異熟生に関する一考察
日本法相宗の形成
般若心経慧浄疏の改変にみる北宗思想の展開
天台維摩匡疏における折伏摂受の思想
唯識学派の開祖「弥勒」について
「大乗涅槃経」の思想構造-一闡提の問題について-
一念の源流-鎌倉期浄土教理解の為に
敦煌本「般若心経」の諸相
吉蔵の「法華論」の依用について-七処に仏性有りの文をめぐって-
明恵上人の実践観と「仏光観法門」
小品系般若経「魔事品」の考察
日本古写経中の新出資料「三法度論」とその問題点
「十住心論」における心
近世浄土教団における戒律観の変遷−普寂批判を通して−
密意と未了義−唯識思想を中心として−
ダルマキールティの疑似論証因説
仏教の現代的・合理的理解と解釈
諦(SATYA)に対するチャンドラキールティの見解
仏教より見た生と死の問題
死と不死-仏教のめざすもの-
十住毘婆沙論への引用と物語-大智度論との比較-
円珍の仏身観-特に密教思想との係わりを通して-
死と不死-医学の立場から-
原始仏教における行(サンカーラ)の意義について
JATIに関する一考察-MAHABHASYAを中心として-
死者の運命と葬送儀礼
「大乗広百論釈論」に於ける論理学的方法
本覚法門と心
大乗の大般涅槃経梵文断簡について-ボンガードレヴィン教授の近業によせて
「法蘊足論」における修行道論
日蓮の師、俊範の未紹介資料について-初期日蓮教学形成の背景-
随眠-ANUSAYA-
顛倒論試稿
シャンカラの宇宙論 2 -TATTVANYATVABHYAM ANIRVACANLYA-
<三種転依>考
「成唯識論」と言語論
空華:ティミラ眼病(眼翳)との関わりで
唯識説における「事」と「理」
出家修行者とチャンダーラ
無明,この心を覆うもの-古ウパニシャッドを中心にして-
初期仏教における呼吸法の展開-安般念について-
仏教の基本概念に関するキリスト教との比較研究
慈悲道場懺法集解 2巻
安居・布薩・シャカ生誕の日付
大乗経典の成立根拠としてのブッダとその教え−法華経を一事例として−
無著における実践構造の一視点
最澄の成仏思想
原始仏教におけるYATHABHUTAの解釈
中世南都における三学の復興
静遍浄土教に見える七八九識説についての考察
バヴィヤの「中観心論」にみられる「一切智」説 1
いわゆる「平等」の概念について
DLKSAとABHISEKA
『雑阿含』道品と『根本説一切有部昆奈薬事』
法身有色説について
DOL PO PAの二諦説理解について
インド後期中観派の分派について−無形象中観の展開−
最近十年の仏教学-仏教思想学会発足十年に因んで-
ケードゥプジェのPRAMANAVARTTIKA注釈における三性説の解釈について
上宮撰「維摩経義疏」の一考察
吉蔵の二蔵三輪説
浄土教における増上縁-「浄土論註」を中心に
釈尊の入滅年代に関する小考
シャンカラによる無明の語法について−AVIDYA-PRATYYUPASTHAPITAという表現を中心に−
初期浄土経典にあらわれた菩薩思想-<阿弥陀経>と「大阿弥陀経」
「十門和諍論」の思想史的意義
能登はやさしや草木まで 一向一揆をもたらした石川県人気質
「法華経」における二仏並坐の解釈をめぐって−吉蔵と智??の理解の比較−
唐初仏性論諍の再考察−引用経論の分析から−
法蔵の「蓮華蔵世界」観をめぐって
道元における本証と本述思想−仏身論の視点から−
元暁の思想を和諍思想と捉えることに対して
「宝篋印経」の伝播と展開−スリランカの大乗と不空、延寿、重源、慶派−
五重問答に関する一考察−「厚薄問答」を手掛かりとして−
空衣派ジャイナ教における生物観 1
世親における唯識の概念
仏教とは何か仏教学いかにあるべきか
「維摩経」の梵蔵漢対照による一考察
哲学の終焉
原質への試み-古典サーンキヤ説の論証とAVLTA-

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る