「十住心論」の思想的背景その見えない部分
「伝法院流潅頂私志記」について
現図の五大明王
諸行事(通夜・葬儀)における布教の考察−時代の変容の中での儀式の在り方−
済暹の地蔵信仰について−「持念地蔵菩薩殊要抄」と「地蔵菩薩秘要抄」−
「摩尼羅亶経」の変遷
INDRABHUTIのSAHAJA説
南山進流における初期の声明譜の記譜法について−金沢文庫の覚意の五音博士による金剛界・胎蔵界を中心に−
早池峰山関係資料とその問題−「寺社記録」に見る諸問題−
密教教典にあらわれた五智と五仏
弘法大師教学における法身−系譜論的考察その1−
旃陀羅の史的考察 2
世俗化論と「宗教」概念批判についての一考察
豊山伝法大会法式作法について
真言密教と「公益性」
不空三蔵訳「仁王経」について−良賁法師の関連を中心に−
「多聞天儀軌」について−「書画品一」に説かれる毘沙門天の像容と兜跋毘沙門天に関する一考察−
永観の菩提心思想について
インド思想としての即身成仏の構造
「大日経」におけるBUDDHAとSAMBUDDHAについて
精神医療と真言密教−その接点をさぐる−第一報
禅門証正録 1巻
「大日経」所説の「如実知自心」について
胎蔵梵字次第の研究−その選者問題を中心として−
弘法大師と曼荼羅 1
如来を分別する−「如来秘密経」の仏伝をめぐって−
「阿弥陀法」に関する一考察
敦煌と中国密教−中国仏教における儀礼と事相の間−
『般若心経』の修道論的解釈 1−「般若心経」KAMALASILA註の修道論的解釈−
本地身・加持身説の源流
「PATUBHAVANTI DHAMMA」再考−PATU-BHUの用例からのアプローチ−
関東の古代寺院と観音信仰
如来蔵の意味内容
壊炉偈考
如実知自心と諸法について
「父母恩難報経」とパーリ語相当文
般若心経秘鍵の諸問題
経部師シュリーラータ(3)-心の構造-
『秘鍵』の「翻訳の同異」について
敦煌文献より見た密教の一断面
護持院隆光の「仏教講談」について
最初に「選択」したのは誰か
論理を超える
六字真言をめぐって−SADAKSARL-MAHAVIDYA-RAJNL−
「守護経」の構造について
薬師如来瑞應傳−付・行基菩薩のこと−
金剛頂経の字句について
干?tにおける漢訳密教経典考
長谷論議の一考察 1
同和問題について
金沢文庫所蔵の興教大師関係資料について
死のゆくえと十三仏信仰−民俗調査にみる死者供養の基層−
祈雨儀礼覚書−ナーガと夢−
弘法大師と華厳教学の関係
現図の双身歓喜天(資料F)
極微の和集と和合-有部と経部の物質の捉え方-
弘法大師の入唐意図について
真言密教における四重禁戒成立の背景について
護持院と金輪寺に見る将軍家祈祷の相違点
伝法院流相承「許受記」について
哲学から宗教へ-光の表現を中心にして-
葬儀に関する近年の変化−書籍・雑誌と世論調査から−
護持院の護国寺兼帯-享保〜宝暦期真言宗新義派の一側面-
国際先住民年にあたって
杲宝教学の研究−「自証極位言説有無事」の解釈を中心として−
将軍綱吉の死去と隆光-特に智積院方の僧録職願いを中心に-
近世真言宗新義派における触頭制度-特に法令の伝達経路をめぐって-
応現観音 玄證本 1紙
三問一講論議と興教大師御遠忌法会
覚鑁・静遍・道範に見られる浄土往生思想の比較
両部大経の古写経について
法住和上造「勝宗十句義論記」序章その展望とその特色について
笠間藩領山外地方の入百姓について
根嶺末学寿量品読誦について
奉盆と盂蘭盆
「上達法身」について
六朝知識人の五戒理解の一側面
NOTES ON THE CLASSIFICATION OF BUDDHIST TANTRAS-THE VIEW OF JINADATTA AND SRIDHARA-
三階教の弾圧と隋唐国家
「如来性悪説」の意味−新しい視点からの解明−
四恩思想の現代的意義と課題
唐代中期の「仁王経」講説
予言における世界像の思想-弥勒との関連において-
ITI PRAPTEについて−PRADIPODDYOTANAに見られる特殊な用法−
世界思想における仏教
弘法大師「真言付法伝」の真偽について
「大日経」の加持について
初瀬の二本杉
わが国最初の庶民のための民間学校−綜芸種智院式并序を研究して−
醍醐寺所蔵大伝法院関係諸識の補任次第について−紹介と翻刻−
越前一乗谷の寺院と石仏・石塔
東大寺沙門空海−「大和州益田池碑銘并序解釈」の問題点−
「大日経」の菩提心思想
興教大師と南岳房済暹師
般若の知慧の意味
観音信仰と修験道
教理史より見た法身説法
声字実相義をめぐる一、二の問題
「三教指帰」における弘法大師空海と実存について
「三教指帰」にみられる対句表現−四六駢儷文の対句論的析法をめぐって−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る