「諸仏境界摂真実経」について
真言密教における法界
発菩提心偈について
「梵字悉曇字母并釈義」をめぐって
南都の浄土思想 2
五山文学と観音信仰
住心の意味
「大智度論」と弘法大師教学との関係
華厳経を超える価値
KRIYASAMGRAHAPANJIKAに説かれた潅頂前行の諸次第(2-「弟子受認(SIY (ADHIVASANA)」、和訳と註解-
十八道次第と求聞持次第について
施概念の変遷 3−福田思想の発展−
弘法大師教学における法身−系譜論的考察その2−
近代宗教史における神道国教化について
法話内容構成における立体化の試み
チベット語文字盤について
曼荼羅供における堂達の所作について
虚空蔵求聞持法
伝達をめぐる宗教の位相について
広付法伝をめぐる一・二の問題
「秘蔵宝鑰」における仏典引用について〈レジュメ〉
四国霊場寺院の形態と機能−岩屋寺の場合−
「筑波山名跡誌」について
弘法大師の即身成仏思想の形成過程について〈レジュメ〉
〈シンポジウム〉光明とは何か-思惟と実践の接点を求めて-
弘法大師と「梵網経」−その経典依用についての典故論的考察−
三十帖策子所見「如意輪菩薩観門義注秘訣」攷
弘法大師の入唐をめぐって−事相と教相の間−
父母恩重経の丁蘭本と古本の比較研究
釈摩訶衍論における真妙門について
羅什と仏陀跋陀羅
興教大師覚鑁の機根観 2−頓・漸・超と密教の機根−
「弁顕密二教論」における一考察−声字実相観を中心に−
頼瑜の成仏観
三昧門と陀羅尼門
新義真言宗における色衣制度-特に護持院時代を中心として-
東北地方の動物
興教大師の代受苦思想
延暦二十四年の空海和尚行状
「広釈菩提心論」の三句について
興教大師における阿字観 5
「法華経開題」の開示悟入について
「般若心経秘鍵」成立考
済暹学と「大乗密厳経」
山中他界観と十三仏信仰
「安愚楽鍋」研究 1,2
俗諦世界の動揺
象頭龍王と愛染明王(資料E)
願行方法流の関東での広がり方について
徳川五代将軍綱吉公御事績中猿(申)楽の事
最後潅頂常行心要法について
「国王の恩」について−弘法大師の人間観と儒教思想−
声明と日本音楽の関係について
真言教主問答抄
真言密教と精神医療−その接点をさぐる− 第2報 東洋思想に目をむけた精神療法家
弘法大師は十善をどう捉えたか
「仲介者」概念をめぐって
将軍家祈祷寺としての護国寺について
「御請来目録」について
布教における仏の表現について
石山寺所蔵「百光遍照王義問答抄」について
近世初頭真言宗本寺とその意識について
長谷寺伝法潅頂における誦経導師作法について
「指心鈔」と「大疏愚草」−「大毘廬遮那成仏神変加持」の解釈をめぐって−
永観の往生思想における道綽の影響について
真言密教における行位体系について
道範著作に見られる「秘宗文義要」の影響について
土佐日記室津の泊り論考
大日経における法爾と随縁
『覚禅鈔』における「地蔵」について
真如薫習の真意−主として法蔵による理解−それは真如 tathata が薫習することではない−
復越一劫−智山勧学会奨励研究助成の報告−
興教大師の機根観について
MANJUSRIMULAKALPA第9章における呪術的治病法について−アーユル・ヴェーダの観点から−
テレホン相談について
潅頂必携
台密における諸問題
即身成佛の所在
護摩の観想について
教師、子弟のための「マルチメディア教材」作成の基礎研究
「大日経疏」にみられる諸経論の引用
MANJUSRIMULAKALPAの基本資料
初会金剛頂経における金剛手−金剛手の出現−
終生梵行者(NAISTHIKABRAHMACARIN)
長谷寺の勧進聖
アーナンダガルバ作「金剛薩?B成就法略次第」
「大日経」所説の事作業-法界と仏身-
弘法大師の法身について−後世の二個の誤解を正す−
NEWAR仏教の重層構造と出家式
不空三蔵と大乗経典
法華一乗と真言一乗
坂井探空師をおしむ
インド密教思想からみた「即身成仏義」
興教大師と加持身説
十住心の精神構造からみえてくるもの
インドの行像−その概要と季節−
「声字義」から見た「二教論」の仏身論
仏教界における男女共同参画社会の実現の課題
「指針鈔」における頼瑜教学の背景(1)
「根来破滅因縁」について−なぜ長谷寺に秘蔵されているのか−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る