「大日経疏」と「大日経義釈」
初期密教者の修行場所をめぐって−「蘇婆呼童子請問経」を中心として−
三階教研究の歴史と今後の課題
諸香薬功能形体等 1巻
「四種法身義」に於ける済暹の法身観について
外金剛部と最外院
覚鑁上人の生涯をどうみるか
「法報応の三身説」との訣別
弘法大師と「即身成仏の疑」について
真言宗宗名私論
聖天壇の荘厳について
仁和寺伝法会について
金胎両部思想の一考察-特に金胎合行について-
真言密教から見た親鸞聖人のCONVERSIONについて
仏教的思索の方向成性について
沢方「金剛界次第」について
「凡聖界地章」から読み解く「十住心論」
「秘密曼荼羅十住心論」撰述の背景
音楽と宗教
良賁法師「仁王経疏」の背景思想について
明恵と真言密教の関係−真言宗僧という観点から−
永観の往生思想における「起信論」についての一考察
近世初頭における真言宗−京都東山大仏千僧会出仕を通して−
鎌倉前期の光明真言観−明恵と道範を中心に−
「早池峰山妙泉寺文書」における一考察−序章として・遠野妙泉寺と関係寺院について−
声明と雅楽
善無畏訳「虚空蔵菩薩求聞持法」における聞持獲得方法について
「声字実相義」と「吽字義」との関係-菩提心思想を視点として-
亮汰参照の弘法大師の著作
興教大師における成仏の一考察
節談説教「衛門三郎物語」−”同行二人”の信仰を誘う方便として−
同和問題について
「宝性論」における菩薩の行について
中世における真言宗の納経
隠元禅師と桂昌院との御仏縁について−黄檗山万福寺の由来と護国寺大蔵経のルーツについて−
善無畏の「来唐」再考
「釈摩訶衍論」の真理観について
醍醐寺にみられる出世について−学侶取立事例から分かる出世・学侶・平民・寺僧の呼称−
「般若理趣経」と両界曼荼羅
空海伝における問題点−僧綱官補任に関して−
重誉の機根論−漸入者を中心に−
法螺貝雑録
「五輪九字秘釈」の背景思想に関する一管見-道教・医学の両側について-
VIMARAMITRA造PRAJNAPARAMITA-HRDAYA-TIKA和訳研究 1
摩訶僧祇律についての一考察−特に経分別の記述について−
仏教文書にみる干?t語とその文字の考証
百愚随筆 1巻
守護経法についての一考察
珍海の往生思想における滅罪について
「大日経疏」における教主義の源流
総本山長谷寺における現代布教史−「ぼたん祭り」を中心として−
解脱の可能性とその根拠について
チャンディ・ムンドゥットの三尊像についての一考察
「平城天皇潅頂文」についての一考察-菩提心・十住心・戒律思想の関係-
「無明即明」の論理構造−『釈摩訶衍論』による理解−付:「六無明」の意味
ブッダは何故そして誰の為に法を説いたのか−ブラフマーとマーラを手掛かりとして−
「釈摩訶衍論」の説く四覚・二真如・二虚空の内実
弘法大師の声字実相観について
「十住心思想」をめぐる『大疏』と『菩提心論』の研究 III
十善道から十善戒へ
”即身成仏”の日蓮
「金剛起経」について
「秘蔵宝鑰」撰述の意図
事相研究の歩み
光明皇后の御慈績
平康頼伝記研究(その2)-鹿谷事件・帰洛・麻職殖保司-
二階建ての仏教
漢武帝による太一神祭祀の一考察
災害と仏教−天明三年(一七八三)浅間山大噴火−
興教大師の撰述について
現図の七観音(資料D)
現図の星神(資料G)
「太元秘記」について
弘法大師・密教的人間像
桂昌院実記(紀)−徳川五代将軍綱吉公御生母の御事績−
古代インドにおける祖霊の概念
「伝法会会奉行手鏡」−江戸時代の伝法会の法式について−
定仙攷−称名寺聖教を中心に−
興教大師の思想
永観の往生思想における機根観
四座講式の博士について−貞享版を中心として−
醍醐寺下僧と江戸幕府の宗教政策
西行と六大の歌−その典拠の発見−
長谷寺の分布について
都市部における檀信徒教化の可能性−自坊での実践を通して−
杲宝の事相受法について
六大法身の沿革
視聴覚教材を使った布教伝道について−パネルシアタ−
真言密教僧における六字名号の解釈について
行信「仁王経疏」の研究
敦煌における陀羅尼の効用
石屋清洪禅師語録 2巻
業と旃陀羅について−性霊集考の前章として−
『覚禅鈔』における地蔵菩薩について−「巻七十二」の「私云」を中心に−
勤行法則について
将軍綱吉と護持院隆光
『二教論』巻上の「或る者」とは誰か
『父母恩重経』の「省略経」について
御詠歌入門の基礎知識
『魚山?芥集』の成立に係わる一考察−編纂初期本から「正保三年版」までを中心にして−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る