SAMAYAとSAMVARA-三昧耶戒の一理解-
ヴェーダ文献にみるMUNI像
「大日経」における加持の世界
宗派内文化財の理解と活用
「大日経」における信解行地について(2)
観光と文化の街“金沢”
中世インドの宗教詩人カビールにおける伝統の受容−サハジャの観念について−
不空訳「摂無礙経」と秘蔵記」との関係について
BHAVAVIVEKAの生類観−草木に心があるか−
道心寮における僧堂教育について
日本仏教と文芸思潮−本覚思想をめぐって−
同和推進について
会合摂の一考察
十住心教判と華厳教学
宗教意識について-アンケート調査を中心として-
「大日経」における行と十縁生句について
不空三蔵は何故翻訳業をしなければならなかったか
「大日」と「第一質料」
インド密教思想史の講想
初期孔雀経類とその大乗的展開
初期仏教時代の修行者
三句思想についての一考察−「広釈菩提心論」の三句について−
現代社会と自由の問題
仏教福祉考
清風園との出会い五十年
清和園縁起
あるキリスト者の福祉の実践
老いらくの随想-仏教福祉こそ-
宗教と社会福祉
変わりゆく社会と変わりにくいお寺
社会福祉法人光明会杉並学園の紹介
禅門宝蔵録 3巻
「老人福祉の見直し」についてこう考える
きのう・きょう・あす
「神曲」にみる宗教社会学的問題
ヨーロッパお散歩-日本をふりかえりつつ-
真宗福祉活動の構造・試論
仏教の心-浄土への道-
仏教福祉の思想-浄土真宗の視点から-
近世儒家の仏教観と禍福観
明治期における医療保護事業の発達と仏教社会事業
仏教福祉施設従事者の日々“其の試行錯誤と願望”
教育社会学の立場から
いま施設とは
養護施設児童のよりよき処遇をめざして-入魂の施設づくり-
アメリカで見た老人福祉-エベニーザ・ホーム・ソサエティでの実習より-
スリランカの福祉事情
浄土宗青年会活動の現況と展望
仏教のホスピス運動について-新潟ビハーラの会と京都仏教青年会の交流集会報告-
社会(開発)活動と宗教の役割り・参与について
時流れはくりかえす
浄土教と私
秦隆真師の活動と「仏教社会事業」思想
琢堂さん照道さん 1,2-樋口琢堂・細井照道、小伝のための覚え書-
仏教福祉と社会福祉-「自由」を視座にして(私見)-
韓国仏教から見た福祉思想
善光寺本尊と生身信仰
青少年の自殺と宗教教育-なぜ生きねばならぬのか-
「近代的社会福祉論」再考 1〜3 -宗教との関係をめぐって-
医療社会学の課題
戦後の児童福祉対策の経緯と仏教福祉実践の展開-古村正樹の養護実践から学ぶ-
少年保護事業史上の仏教者について
児童精神衛生の諸問題と健全化への視座 上 -児童理解への認識視角と児童精神衛生の起源をめぐって-
開発と仏教福祉について-人間関係としての福祉をめざして-
古代オリエントに見る救済思想及び制度の起源と系譜
現代児童福祉と仏教寺院
明照園養護老人ホームを訪ねて
近代保育事業史における仏教の役割
児童福祉の課題と仏教
価値志向と社会福祉
人生における意味の探求-仏教と福祉と教育の基礎にあるもの-
昭徳会と法音寺における仏教福祉
本多鉄麿とその作品について-仏教聖歌への開拓-
大正期の「寺院改造」運動における慈友会の社会事業
宗教的情操教育の問題-仏典童話の意図-
再考老人ホームにおけるターミナル・ケアの意義
施設養護問題の一側面から
養護施設の社会化とアフターケア
青少年野外活動における「宗教的情操」の教育・涵養ノート-仏教を中心に、その研究・実践諸家に学びながら-
私のなやみ
永嘉禅宗集註 2巻
仏教と児童福祉
仏教福祉活動について
恒川武敏先生と京都市民生行政
仏教と児童福祉について
地域社会における仏教福祉
精神薄弱者(通所)授産施設「八風園」を訪ねて
宗教の福祉的機能
現代社会と仏教説話
社会福祉施設の労働について-管理者の立場から-
同体慈悲の実践者・乾先生
社会福祉における仏教の実践的課題-老人介護問題をめぐって-
真の仏教者乾泰正先生
仏教と児童福祉-児童福祉施設における小児の栄養-
保育所の適正配置に関する一考察-特に、西京区における保育所在籍↓
乾泰正先生と「仏教福祉」
仏教と児童福祉-仏教保育をめぐって-
仏教保育考
金色の地蔵さま
補足給付の受給資格と支給排除規定

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る