児童文学としての童謡「赤とんぼ」考
父を憶う
北東アジア社会事業教育者セミナーに参加して
今後の韓国仏教社会事業の課題-日本仏教との比較考察を通じて-
仏教社会福祉学の意図するもの
羅漢信仰と社会福祉
少年保護事業史上の仏教者について
義湘和尚投師礼 1篇
仏教社会福祉ということについてかく考える
仏教福祉の社会学的アプローチに関するノート
それから
愛知育児院考
仏教社会福祉事業の原点と接点
良寛さんと子供
乾先生を偲ぶ
ポックリ信仰の実態-奈良・当麻・阿日寺の事例を通して-
大正時代を中心とした宗門児童福祉管見
もったいない
大正大学児童研究部の創立と其後の思い出
乾先生を偲びて
随想
仏教精神による少年保護
我が寮の理論と実践-養護施設聖?S寮の紹介-
宿命を背負う心
仏教保育の現状と未来
現代人と仏教徒の使命
追憶一片
仏教の現代化の視座-宗教としての根源化への学び-
名古屋市を中心とする「仏教福祉」の回顧
乾先生の思い出
仏教と現代-明治維新の廃仏毀釈の意義-
現代英文学と仏教
秋思-ある園長のくりごと-
乾泰正先生を偲んで
仏教の福田思想と社会事業
児童養護と宗教(仏教)-養護施設積慶園の場合-
社会事業における主体性と宗教(仏教)への回帰
仏教と児童福祉“国際児童年にあたり児童への問いかけ”
乾先生の思い出
社会事業・医療などの展開と仏教の現代化
一仏教徒としての福祉観-浄土真宗の立場から-
仏教の現代化に思う-寺院活動に期待するもの-
乾先生を偲んで
仏教の現代化-特に教化の問題について-
手の教育、心臓の教育
高松竜雲学園の紹介
仏教社会福祉雑感
更生保護への道
一人一人の児童の福祉を見直そう
恒川先生を偲んで
乾先生との出会い
社会不安とポックリ信仰 上
子育てと児童の権利
麦の穂なんか泣くものか
さらさらと流るるままにさらさらと
福祉・考
無有愛(死への衝動)と自殺-原始仏教における自殺観-
偲び草
乾先生を偲んで
社会福祉事業法制定時の周辺に於ける恒川教授との出会い
追悼の辞
国家と福祉
深慮の畏友恒川武敏先生-在りし日の恒川貴兄の追憶をしたためるこ↓
追想
L.WILLIAMSの福祉国家論
恒川武敏先生の憶い出
乾先生を偲ぶ
現代人の病理と精神衛生-精神医学と仏教の接点-
精神衛生と福祉
倉敷にて思うこと
精神衛生と宗教について
カウンセリングと仏教-国分康孝氏の所説を手がかりにして-
乾泰正先生の御逝去を悼む
若者の求めているもの
子供の健全育成を考える-主として非行化について-
精神衛生-特に非行との関わりにおいて-
疎外と共感
更生保護事業史上の仏教者たち
精神衛生と仏教
栄養指導領域からみた障害者教育について
更生保護の理想と保護観察
若狭の観音信仰
さまがわりする“売春”-その現状と、売防法・婦人相談所の機能をみる-
秦隆真先生を懐う
宗教法人の行う公益事業-特に児童の教育福祉事業について-
仏教社会事業の研究方法論 1,2 -創価学会説、水谷幸正説批判-
最重度身体障害者福祉の本質的課題-その生活権をめぐっての考察-
和敬学園誕生の記
障害者福祉の流れと展望-一施設職員の目にうつったもの-
「フェビアン社会主義論集」の思想体系
就学前施設における学習遅進児指導についての一考察
福祉国家の将来の選択-NORMAN JOHNSONのPLURALISMについて-
仏教的実践の根拠となる世界観-現代社会の病理とその克服の道-
児閉的傾向児の訓練
「仏教福祉」終刊に寄す
占領と社会福祉行政-大きな転換をもたらした福祉行政を回顧する-
仏教司法福祉実践試論 1 -家事調停とある虞犯ケースを手がかりに-
仏教司法福祉実践試論 1 -家事調停とある虞犯ケースを手がかりに-
キリスト教より見た仏教社会福祉-宗教社会福祉の本質について-
仏教救済事業史の課題について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る