日興本尊授与書にみる日興とその門弟
身延山内金石文の研究−大名家墓を中心として−
NORMANによるASOKA刻文の研究
僧肇記「法華翻経後記」偽撰説の全貌と解明
日蓮聖人の情報網と連絡網−分析と展望−
仏師林如水に関する一考察
行学院日朝と三島本覚寺−明応9年日朝書状を手掛かりに−
「顕正理論」における法体恒有論について-特に「倶舎論」と対比して-
「一断一切断、一成一切成」解釈考−明恵房高弁選「金師子章光顕鈔」を中心として−
日蓮聖人の国土観−佐前における国土観を中心に−
日蓮聖人の歴史叙述に関する編年的考察−中国史を中心に−
了義日達と「現安後善鈔」
「大乗止観法門」の心意議論
日蓮聖人の即身成仏論の基礎的考察-慧心作「即身成仏義私記」を参照して-
法蔵について 1,2
東北の建築物
長松清風の「十二宗名」教学についての一考察
円測の「解親密経疏」における真諦説への批判について
三昧(SAMADHI)と如来蔵思想に就いて-SAMADHI-DHATU-GARBHAの概念を中心として-
安国院日講の「録内啓蒙」における本門三妙
五台山開基の事情について
国立国会図書館所蔵本「不尽道別」について−解題と翻刻−
ADHIDARMA文献におけるALOCANAの用例
「与薩庵書」にみる本妙日臨師の信仰宗学
祖書綱要に見る一妙院日導の仏陀観について
RATNAKARASANTIの種性論
「空を特徴とする」は仏教思想か
馬鳴に帰される「十不善業道説示」の研究
泉鏡花と法華経
大乗起信論講義
勝鬘経講義
仏教綱要
哲学綱要
古則提唱
維摩経講義
参同契講義
上宮太子の国際政績
鬼の子、指先から光を放つ
浄土の起源
どのように障害者差別に抗するのか
自然葬のすすめ
こころの安らぎの生命科学
わが放浪、わが宗教遍歴
阿弥陀浄土の思想的根拠
エイズ感染者に対する差別のしくみ
癒しと篭り
ゴータマ・ブッダの原体験とは
神秘体験としての浄土
筆写と癒し−南方熊楠の英国博物館
たましいをどう考えるか
黄色い白人−日本人のアジア観
死んで花実が咲くために−個人・世代・自然環境と葬送
山や耕作地や空への愛
自己を描く−現代の十牛図の試み
密厳浄土
取材旅行−装丁紀行
手作り葬儀を推進する−核家族時代に対処する法
大地のざわめき-アートギャラリー-
「悟り」を超える世界
阿弥陀の招き
日本仏教と被差別部落
神の悪戯−装丁紀行
文化としての福祉
神を知るということ
親鸞にとって浄土とは
葬式にはやはりお坊さんが
治癒のイメージ
哲学と笑い−魂を考える 5−
中世に烟立つとき
池と浄土の空間論
近代天皇制下の仏教
戦争はなかった
ケアの哲学
虹の点滅−意識と自然・序説
世界楽園マンダラ
解放の論理と今日の仏教
葬式を問い・法事を創る−葬式仏教をどう葬る
仏教カウンセリングと心の癒し
家での死−がんの両親を在宅ホスピスで看取って−
他界へ−死へのトリップ
「チベットの死者の書」の世界
癒しとトランスフォーメーション
高齢者の豊かさとは何か
宗教体験と脳(宗教の解剖学 1)
人権の確立に仏教はどう向かうか
二一世紀の「葬」を構想する
ことばの感染力、ことばの治癒力
ALS患者の苦悩と癒し
自我の精神分析
宇宙というフィクション
癒されるこころとイメージ−森の夢想に導かれて
社会福祉は「全体の利益」なのか
共鳴の鳥
現代の往生体験−死後の世界の証言
仏教の性差別
葬儀批判論の批判的考察
生駒詣で−歓喜天のまねき
「介護保険」体制とジェンダー
宗教学校の現場から
仁王経疏 6巻

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る