生死はほとけの御いのち−道元に学ぶ生死観
教育を親の手に!
仏教の「魂」論-自己とは誰か-
大嘗祭−その空虚な秘密
脳死体を「利用する」という倫理
老い−排除と差別
往相還相の生死学−イザナギから親鸞へ
いじめとは何か
数学と年齢
いのちの布施-仏教的宇宙観-(仏教の栄光のために 9)
天皇霊・再考−折口信夫の大嘗祭論をめぐって
老いの明暗
倫理問題としてのいじめ
ある作家の死
人魂と招魂祭
王法と仏法−両様の接近
日本人の死体観
老いる身体−「はく」ことの衝迫力
死の質(クォリティー・オブ・デス)とは何か
老年の生命力と創造
たましいを感ずる
天皇の死と葬送
老い学のパイオニア・橘覚勝
荻生徂徠の自然と人為(身体とはなにか 5)
愚か者の夢−装丁紀行
乱菊
初夢に狂へるわれを笑ふわれ−装丁紀行 40
天・天祖・天孫−会沢安にみる大嘗祭の構造
脳死・臓器移植の疑問点、問題点
老死への仏教学−ボケもまた涅槃か
いのちの大地が開かれるとき
身体はだれのものか
超越軸の断片-「教育」と「超越」の間-<(こころ)をめぐる人間学 4>
「虚の器」の逆説
老いをどう創めるか
環境と文明
賢治の学校の試み
生命は中心をもたない
ロマンチシズムとしての天皇制
倫理・医療・法における「生命の神聖さ」と「生命の質」
宇宙樹のコスモロジー
屍体と革命−ビシャをめぐって
唯「魂」思想の落とし穴-カルト問題の精神病理より-
「かわいい天皇」のゆくえ
放哉における生老病死
森への亡命者-アナ・メイディエタと大地信仰
「居場所」のない子どもたち
超システムの生と死
魂=脳問題の一つとしての「社会的理性」の衰退
帝王は南をめざす
「いのちの質」をどう考えるか−仏教の立場から
生きる−老母(92)・息子(63)
読書
地形の記号学
胎児の生と死−私はなぜ減胎手術を行うか
魂の言語機構分析
天皇制と宗教
冥界のなかの自然−河と火と樹をめぐって
いのちを彫る
都合のよい死・屈辱による死−安楽死について
「戦え」と魂は叫ぶ
天皇と賎民−天皇制の差別構造
安楽死について−キリスト教の立場から
老化とはなにか(宗教の解剖学 15)
いじめと登校拒否
人間はどこへ行く−クローン研究の未来
宗教学校で天皇制をどのように教えるか
尊厳死・安楽死とは何か−法の立場から
何が幸福なのか−老齢化社会を診断する
都市における森と林の思想
加害者としての教師
少年Aとは何者か−ポスト・オウムの魂のために 7
真宗にとって靖国問題とは何か
洗浄しつくされた生・老・病・死
六月の病室で-ポスト・オウムの魂のために 9-
天皇を相対化した軍人
死ぬ権利−自己決定権とは何か
親鸞の老い−究極の老いかた
いつしか人は、森へ還る
学校という場所
壮年不死の幻想と臓器移植
秘匿された超越−天皇論の本質
日本人の死生観−おだやかな死を求めて
屋久杉の森
癒しの可能性−賢治童話を手がかりに
死に至る病とどう向きあうか
イマームと天皇−ひとつの比較指導者論
物語の森
病と意味
奇跡の人−日高川草紙−(絵巻物語 3)
「季刊 仏教」は、ブツキヨウにあります。
聖徳太子−宗教国家構想
樹下山人のこと
セカンド・ライフ−老再婚・ふたたび愛を
脳といじめ
仏教の人間観・生命観
仏教と福祉の結合から見えてくるもの
山河の親切−わたしの参禅記
女性老人の不安
森に住みついた悪魔

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る