ほとけの物差しを身につける
涅槃論−仏教の救済原理
ブッダのターミナルステージ
わが参禅記−キリスト教との対話
仏教なんて蹴り倒してサヨナラよ
六波羅蜜−後生楽のすすめ
白神山地に生きる
脳と二元論的な考え−個的な脳の時代
癒しとたましい
仏教社会福祉の可能性
八海山−装丁紀行
愛と死の宴
「魂」の考え方(ポスト・オウムの魂のために 2)
こころをめぐる私の遍歴−魂の学としての心理学のために
禅と日本禅
佐賀野に建った独身女性の墓
アリスの館
仏教社会福祉再考−その現状と批判−
機縁
夢合わせ−装丁紀行
自然との冥合−空海のコスモロジー
宗教なき教育の百年
福祉のコスモロジー−人はなぜ人を助けるのか−
心身論−禅修行における心と体
お墓大討論-「葬送の自由をすすめる会」創立5周年記念シンポジウム
中村元「論理の構造」(上下)を読む
大安心をサイエンスする
脳とマンダラ−ポストモダン科学のチベットモデル
インドの旅
山河をみるは仏性をみるなり
葬式の現場から
分裂病に見る魂の癒し-ブッダの癒し 1-
仏教福祉の現場から
禅の言説戦略
道元
天界と地上
タイの仏教エコロジー思想
温かな葬式と墓
Aに-15歳に捧ぐ
ビハーラと仏教福祉
禅についての禅的考察
ニューサイエンスと「こころ」
スケッチブックのインド−装丁紀行
墓を作らない仏教者
仏教看護学の考え方
宇宙と交感する−気の世界観
インド・ヒトの原風景
食べることと食べられること
子どもたちと「あの世」
緩和ケアチームにおける僧侶の実践
ユングと十牛図
心身一如の思想
穴のあいた身−僕の身・地球の身
葬をめぐる理念と作法−現代と中世の呼応
あいまいな日本人の「あの世」
宗教的ケアの基本
宗教と精神医学の接点−心身二元論を超えて
ガンディーはなぜよみがえるのか−今こそインドを語る
自然農法による社会革命−自然の心に到る道
葬祭ディレクター制度とは何か
魂としての世界−ポスト・オウムの魂のために 6
山岳信仰はまだ生きている
弥勒菩薩像集 1巻
「私はどうしたらいいですか」−患者の五大質問その(5)に答える−(ブッダの癒し 8)
日本人は仏をどう受けとめてきたか
修行ということ
「あいまい性」の復権−西の論理と東のファジー
インド・タントラ−宇宙の神秘を解く
植えて育てた木の家
眠る菊
あの世は生きているか
やせほそった「仏陀」−近代仏教研究の功罪を問う
二十一世紀の縄文精神
葬送と脳の進化
奥と他界の喪失
「共生」の健康学-ヒトは微生物を排除して生きられるか
ブッダの根本義と大乗諸仏の出現
坐禅の大脳生理学
インド思想を考える−特に因果応報と業について
自然と実存(身体とはなにか 6)
魂の感じ方(ポスト・オウムの魂のために 3)
日本人の浄土
森のいのちを見る
生命操作時代の宗教(魂を考える 3)
悉有仏性・内なるホトケを求めて
禅と身体(宗教の解剖学 7)
バガヴァッド・ギーターの世界
意識について(国際日本文化研究センター退官記念講演)
科学と宗教の共生
三つの警句(エピグラム)
ホトケのマンダラ空間を体験する
達磨神話と歴史性
カースト制の思想的背景
今宗教を問う
「わたし主義」のすすめ
「共生」と新しい技術の推進
仏教学の業績をたどる
仏を見る
不可触民の父アンベードカル博士
宗教を超えて?-新霊性運動の宗教観をめぐって-

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る