梵文無量寿経に第八十願有無の問題
龍樹の六十頌如理論について
九分十二部教の研究 中下
西蔵伝 唯識三十論
西蔵大蔵経目録
禁欲主義と人間性
カントの図式性に就いて
新批判主義の社会哲学
東西古陶金石展観列品中の二、三に就きて−仏教美術研究上より見たる
帝釈・阿修羅の研究
西山家に於ける聖浄二門並に釈迦弥陀二教論を究めて真宗の二門二教論に及ぶ
支那般若翻経史稿
京城の経学院を見る
浄土論の訳本について
東條義門伝稿
舍衛城及び祇園精舎の研究
西蔵喇嘛教史 1〜3
観心と観仏
仏教研究の革命的微光としての「出定後語」観 上
真宗々学と義門
私蔵義門上人の書簡
世に行はるゝ「於乎軽重義」の二本及びその成稿の時
義門師語学研究の目的
語辞林香記を繙きつゝ
願生思想の基礎(「浄土論」の研究)
華厳経第三部の模型及び其素材に関する研究
善珠僧正の研究
西山証空上人の特殊法門たる正因正行の研究
般舟讃現流史料としての続選択文義要鈔
仏教大革命の切迫と「出定後語」の追窮
歴代講師賛語集
仏教と仏教芸術
図像より見たる親鸞聖人
松室釈文と信瑞音義
忘れられたる源空門流の一義
明遍僧都の研究
先徳餘香
戦闘的仏典の遡源的研究
西蔵文倶舎論破我品訳
緑野寺一切経に就いて
過未無体説と大乗仏教
無為法の観念
空也・一遍の踊り念仏について
鸞綽二師の遺跡に詣じて
俚諺に表はれたる錫蘭民族
三経義疏研究序説
勝鬘経義疏を読みて
維摩経義疏の研究
法華義疏を読みて
上宮御製疏と浄名玄論略述
上宮御製疏の書史学的概説
阿波国本願寺に蔵する太子伝暦
選択集の成立に就いて
聖徳太子伝暦正本の研究
智者大師の中心思想
四天王と六斎日
無生法忍の研究
釈尊時代印度の思想及び信仰
西山証空上人の著書に就いて
明義進行集とその著書
社会福祉における日本的類型
矢吹慶輝博士と颯田本真尼
駈入寺東慶寺と女人救済
老人の保険医療問題−老人保険法を考える
宗教と教育の関連的考察−明治十年代より半世紀余における
非行発生機序への一つの接近
仏教社会事業における児童指導上の課題について
仏教福祉の語彙・語彙をめぐる小考−先師・先徳の実践・経験・研究に学びつつ
英国の医療制度の機構改革と病院ソーシャルワークの体系
仏教思想と福祉思想
社会福祉における宗教−歴史的関連と現実的対応
義務教育過程における福祉教育 4−福祉教育の原典をさぐる
逸脱と家族関係
英国のソーシャルワークのマンパワー−主にケースワークの視点をとおして
中国農村社会の発展−とくに城東人民公社を中心として
法然浄土教における福祉思想
仏教社会福祉の原点
地域福祉と寺院−信ヶ原良文師の実践活動に学ぶ
仏教寺院の地域開放とセツルメント−佐伯祐正と光徳寺善隣館
名作のふるさと 金沢文学散歩
浄土宗の日曜学校−明治・大正期の動向を中心として
円仏教と社会福祉活動−韓国宗教の流れを通して考える
仏教福祉学の体系化に関する一試論−その学的整理と展望
法然と貞慶の悪人正気説
「安心決定鈔」について-撰者は阿日房彰空か-
輪円草解題
輪円草 第3 中央 愛知県幡豆郡吉良町 北星山西福寺蔵
誓願寺の風景−室町後期から近世にかけて−
証空上人の伝える法然上人の「観経疏」との出会いについて
「選択集」の成立と証空
西山上人「自筆御鈔」筆録の研究
「禿庵文庫選択集」の由来
深草抄 巻1,2,5,6,
熊谷直実の念仏
熊谷直実の念仏
「選択集」の流伝
明恵上人の読まれた選択集について
証空の母親について
「決答授印疑問鈔」縁起二種の比較-安心・起行分派の資料として-
選択集の論理

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る