初期の根木名川改修
史料紹介 内藤泰夫氏所蔵「千葉氏の高野山宿坊関係文書」について
平忠常の乱(長元の乱)と房総の荒廃
田安領における子育制度の成立について 埴生郡十六ヶ村を事例として
寛文延宝期における下利根川流域の開発と治水
明治期の印旛沼の漁法と漁具 「水産取調表」をみて
福沢諭吉と長沼事件
関東大震災における成田町の救援活動
記録町営グランド始末記
続 福沢諭吉と長沼事件
続 町営グランド始末記
史料下総国埴生郡荒海村誌
田沼期の印旛沼干拓について
成田鉄道の建設とその背景
成田山菊花会の沿革と九十周年記念全国大会までの動向
実現しなかった東郷大将の成田山詣りと成田町の歓迎準備
近世前期における埴生郡長沼村の年貢
近世後期田安領における村財政 下総国埴生郡幡谷村西和泉村を中心に
福沢諭吉と長沼事件(完)
田代上等兵の殉職
遠山中学校講堂始末記
初代印波国造・伊都許利命(II)
近世中期下総長沼の漁猟藻草運上をめぐる村方騒動
幕末期淀藩下総領における藩政の展開
民話へびとがま
井上歳壽と俳句「若草」
大須賀氏の日蓮宗信仰
水辺の環境と生活の変容−手賀沼のほとりで農に生きた人:増田実日記から−
成田空港建設と地域社会変容−巨大開発下における農民主体の形成と展開をめぐって−
江戸の嘉永文化
七代目団十郎と成田山額堂寄進−「五側」の扁額奉納と共に−
旧佐倉藩士族結社の活動と士族の「家」−同協社を事例として−
下総国葛飾郡清水村渡辺善左衛門文書について
町村制施行直後の野田町政
霞村虚士「野田盛況史」(M38)と宇都宮税務監督局「野田銚子醤油業調査書」について
明治野田訪客漢詩文集-明治時代野田を詠んだ漢詩文-
千葉県野田市香取原古墳群
下河辺合戦と常総の動乱
どろ祭りの思い出(座談会「野田を語る」 8)
仁王様のお腹から出てきた書類
笠神村関係文書
物木村関係文書
瀧村関係文書
荒野村関係文書
九十九里町の視察記
雲中語
江戸時代の支配制度と庶民階層の生活状態の考察
屋号雑感
弁天様の由来
初代印波国造・伊都許利命(1)
1884年自由党夷隅事件の一考察-事件捜索過程を中心として-
明治地方制度と町村合併-千葉県の町村分合事業をめぐって-
帝国議会と県境画定問題-日清戦後の千葉・茨城県域変更問題を中心に-
初期社会主義と修養に関する覚え書き-千葉県の初期社会主義者らを中心に-
未刊の鉄道建設計画-北総鉄道について-
満州開拓移民と千葉県-「千葉村」を中心として-
戦前の県政界と大政翼賛会-千葉県支部の結成-
戦中期における食糧事情-千葉県を事例にして-
戦後千葉県議会の動向-柴田県政と「千葉クラブ」-
戦後における高校生運動-千葉高紛争を事例として-
印旛沼をめぐる古墳群の特質と地域社会の動態−印旛沼国造論に関連して−
印波国造と東国社会
下総龍腹寺の板碑群
享保期佐倉牧における新田「開発」の特質
松尾山光勝寺新設開基堂について
在地村役人の視点から見る天保期の印旛沼掘割普請
近世下総における検地と土地認識−佐倉藩領の在地把握と弘化期隠田出入一件を中心に−
近代北総における貨物輸送−下利根川水運の衰退と成田鉄道−
浄慶作の仏像をめぐって
高城氏と千葉氏・原氏・古河公方
「山林」文言からみた延命寺文書-里見氏権力に関する一考察
北条水軍山本氏について-里見水軍との海戦をめぐって-
戦国大名北条氏の他国衆統制-「指南」「小指南」を中心として-
江戸湾沿岸の湊の成立をめぐって−上総国木更津村を中心に−
相給村落における「入地」結合−上総国山辺郡、特に台方村四天木村を事例として−
天明の飢饉と北総農村
近世における江戸内湾の漁職制限について
無尽講についての一考察−下総国香取郡宮本村を中心として
天保郷帳作成調査をめぐる農民闘争−下総国旗本戸田氏知行村を素材として
水戸家鷹場組合における年番制成立過程
上総山村の支配と村落−川越藩上総総分領について−
下利根川の治水対策
天保期印旛沼工事と町奉行所与力・同心
近世後期の年貢関係史料について−下総国相馬郡川原代村を事例として
戊辰期下総国の支配体制について
大原幽学における経済思想と近世社会
赤松宗旦の書籍目録にみる地方文人の教養
千葉県民権派の動向-明治十年代後半を中心として-
補論 現状記録論をめぐって
東国の川原寺式軒瓦の波及年代をめぐって
古代における山野河海の支配−高橋氏の分析から
東国国司と部内供給
東人荷前と東国の調−東国の調の転回過程−
伊豆国造と伊豆国の成立
下海上国造から海上評司・海上郡司へ
上総の望陀布と美濃?ナ−東国の調・大嘗祭・遣唐使−
古代のアワビと真珠−安房・上総地方を中心に−
エミシの支配と律令国家
院と東国−院牧を中心に
中世前期の船橋-領主・荘郷・港津・寺院-

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る