中世北総の生産形態と水運-千葉氏の経済基盤をめぐって-
戦国期房総における流通商人の存在形態
中世下総国埴生庄と龍角寺
中世下総国の寺領と安堵-中山法華経寺を事例として-
上総佐坪にみる室町期の在地社会
松尾山光勝寺新設開基堂について-千葉胤貞開基-
領国危機と修法-「妙本寺文書」所収 北条氏康・金剛王院融山の往復書状写をめぐって
安房妙本寺の「虫払い」について-妙本寺研究の一齣として-
下総山河氏の成立とその背景-中世常房地域史の再検討-
近江佐々木氏と東国-その基礎的な考察-
長沼周辺の貝塚
千葉県における選挙粛正運動の展開
千葉の歴史教育の課題
収録論文紹介
三浦茂一先生著作一覧
三浦先生の業績と学風
千葉氏と西国
円城寺氏について
中世後期上総国在地支配の変転
高城氏と後北条氏の関係について
後北条氏と下総関宿−支城制形成の一過程
関東足利氏と房総里見氏−房総地域史研究の深化のために
房総里見氏の印判について−鳥の形像を有する印判をめぐって
北条氏の佐倉領支配−「御隠居様」氏政の動向を中心として
房総の民間信仰板碑
房総半島における鋳物師の存在形態
中世房総における鋳物師の存在形態
戦国末期の佐倉−城下集落の人々と後北条氏
近世東金地域における水利秩序と用水組合の性格について
佐倉藩と房総の海防
幕末の旗本と軍制改革
下総の国における幕末・維新期の一村方騒動について
壱人百姓の村
千田大隈守胤貞の在地支配と日祐聖人
満善坊弁海と小城の天台修験について
妙見信仰と千葉氏系粟飯原についての一考察
房総地域史の諸問題−序−
町奉行与力給地の構造と展開
御三卿鷹場の成立とその性格
近世前中期の災害と北総農村−印旛沼附の村々の場合−
房総の取子塚
淀藩下総領大森陣屋と飛地支配
支配勘定格石坂正直とその周辺
市原市北部地域の富士講の民俗
宮谷騒動と荒木博臣
千葉自由党と松方デフレーション−「原亀太郎日誌」を手がかりにして
明治前半期における千葉県の道路政策−土木補助金の成立過程−
明治中期における千葉県消費市場の動向
鉄道事業における地方的基盤−総武鉄道の創設から国有化まで−
明治三十年代の千葉県師範学校附属小学校−千葉県大正期教育の歴史的起点−
時勢の感化
郡立学校と郡財政−千葉県市原郡立学校を例にして
千葉県における外米消費の動向−1910年代末と20年代半ばの比較
昭和初期千葉県における農業の機械化−吉植農場を中心として
経済更生運動下の産業組合と農村支配構造−千葉県安房郡主基村の事例
千葉氏の興亡と原・円城寺氏
千葉氏族 木内氏について
古都鎌倉に肥前千葉氏を訪ねて
米沢藩家臣国分氏について
千葉氏と宝治の乱
羽衣の松
千葉石
武田信玄武将原氏の活躍
君津城合戦物語
相馬氏系三田氏武蔵村山党
千葉氏と粟飯原氏
新渡戸稲造博士の系譜
千葉氏の興亡と原・円城寺氏
猪鼻から本佐倉城への移城-千葉介康胤と原氏の動向-
妙見菩薩の一考察-東庄町東保胤氏所蔵の妙見像を中心に-
鎌倉に於ける千葉氏ゆかりの地
葉隠の校註にみる九州千葉氏の足跡(江戸時代前半)
海保三吉と石原内蔵之助
円応寺観世音和讃考
千葉氏の奥州移住-私の郷里に伝わる旧家の系図から-
浅草海苔由来
千葉介重胤蹴鞠の歌一考察
千葉胤将と上杉憲忠
本佐倉城時代の千葉氏-築城の意義と経緯-
千田大隈守胤貞の在地支配と日祐聖人
墨書土器について
古代の官牧について
上総氏の成立・発展とその背景
房総の伊勢神宮領
薩摩国における千葉氏の所領支配
中世下総地方の一向宗
香取文書にみえる?ツ殿攻撃と国行事職についてのノート
鎌倉公方の興亡と房総の武士 足利満隆の動向をめぐって
『千学集抄』をめぐる問題 妙見信仰を中心にして
東国妙見信仰の地方的伝播 美濃千葉氏と妙見社の星祭
後北条氏の両総支配
戦国武将酒井氏の興亡
草刈堰と豪農
佐原観福寺と伊能氏
下総生実領における用水争論 草刈堰開発と泉谷用水をめぐって
上総地方の稲作生産
宮負定雄とその周辺 関東農村の知的情況
文政十年の改革組合編成以前における村方の動向−上総国武射郡寺方村および周辺の支配の特質−
幕末期年貢地払いをめぐる在郷商人の動向
千葉県における村是調査の一分析 市原郡里見村是の場合

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る