時勢と詩人
人の天分
死と永世
外山博士を悼む
東本願寺と村上専精氏
十九世紀総論
覆面将に落むとす
?・?・録
大人物の生死
植民地と歴史の教訓
高価なる美譚
罪悪の首府
日本人と能弁
幽霊的宗教
彼は彼たり我は我たり
寧ろ民を愚にせむ乎
栗山堂書抄
悔悟の時期来るや遅し
田園将に蕪せむとす
西郷南洲の銅像
大人物の墓
グラハム・ベル氏
逐客康有為
無趣味の社会
無趣味の家庭
砂漠の如し
西班牙の近時
勝海舟
権利思想の発達と本邦の道徳
盆栽の花
新しき日本
無定見の国民
仏蘭西共和国の近世史
勝地の俗化
人心の倦怠
恐ろしき沈黙
好意の欠乏
奢侈
東北の遺利
人生終に奈阿
厭世論
老子の哲学
道徳の理想を論ず
人生の価値及び厭世主義
東西二文明の衝突
島国的哲学思想を排す
消息
漫評
雑談
無題録
装飾と日本美術
藤原時代以後の日本美術史概観
芸苑瑣談
釈迦
平相国
菅公伝
南欧美術譚
ナポレオン三世
古事記神代巻の神話及歴史
ジャンヌ・ダルク
ハイネが事
東北物語(「太陽」)
世界の四聖(「史学国語読本」)
冠鐺日親(「史学世界」)
社会的制裁の薄弱
無題
人道何処にある
私立学校を論じて当局者の注意を促す
国学制定の必要
公開書
吾人の宗教観
笑わばる国民と文学美術
紳士と高利貸し
死学者
国家の要求
大西祝氏を送る
異人種同盟
大スラヴ主義
国民道徳の危機
愛国を罵る者に告げむ
宗教の真精神と新宗教
坪内逍遥が「史劇に就いての疑ひ」を読む
小説革新の時機
曲亭馬琴
豪傑の半面(「中学世界」)
予の好める人物(「中学世界」)
戯曲に於ける悲哀の快感を論ず(「文学会雑誌」)
日本民族の特性と文学美術(「太陽」)
「青年小説」を読む
喜ぶべき文壇の一傾向
吾が文学界に於ける動議的傾向
古寺院の宝物
新聞雑誌の時代
人才と我文学界
美術に対する購買力
一刀両断の制裁、曲学阿世
今の論文家
西郷南洲の銅像を評す
新建築と美術
「新地有情」を読みて

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る