禅と如来蔵
宗教と自然科学の問題
張平作「妻を祭る」
「二八要抄」の成立
「維摩経」論 1,2
教育目的を支える人間観-教育基本法第1条をめぐって-
ザビーナ・シュピールラインの「生成の原因としての破壊」
現行「春雨物語」の「宮木が塚」校訂本をめぐって
柑子の木の、まはりをきびしく囲ひたりしこそ-「徒然草」第11段成立考
「竹取物語」「世界のをのこ」の一解釈
米俵飛鉢譚の合理化と形骸化
1906年総選挙後のイギリスの児童・少年保護立法
ハイデッガーに出会うまでのメダルト・ボス 1-現存分析の成り立ち-
日本道州制(連邦制)国家論
弁証法神学とキェルケゴール
禅茶の思想-「禅茶録」の現代語訳-
近代の日中文学交流
北ユーラシア見掛極移動曲線の改良とその東アジアへの適応性
「時と永遠」の問題
反右派斗争と文学-その回顧
日清戦後就学督励の諸相 1-就学督促の文脈,2-就学忌避と就学奨励
「西脇順三郎全集」未収録資料 1〜5
昭和57年度在外研究報告
ラグビーフットボールの規則の歴史 1,
世親唯識における認識論の構造
四諦の主体としてのTATHAGATA-GARBHAH
ニヒリズムの問題-西田哲学を中心として-
「永徳百首」和歌集成 下
近世前期和泉国郷村帳の一事例-和泉国村々本高山幅年貢細見帳の史料紹介
練習と稽古-ボルノウの「練習の精神について」によせて-
ユングの心理学的グノーシス解釈についての一試論
1880年代における就学観の転換
キェルケゴールにおける「時と永遠」の問題
ポスト・モダーンへの前哨-R.ベラーにおける市民・宗教論の試み 上
解釈学と社会学
初期の禅宗と楞伽経伝持-続高僧伝法沖章から見えるもの-
「ユング自伝」英語版と日本語版の未訳部分
政治が台無しにしたオリンピック
マートリチェータの三宝讃と最勝子の三宝讃注
生成における自由の問題
イギリス革命期の児童少年保護立法
イギリス少年裁判所における犯罪行為の処理と予測表
シルクロードの文学
「破壁記」について-「中国文化大革命と文学」の一考察
「我と汝」の問題
天台智??の戒律観の一考察
宗教教育の諸問題 2,
知識人と仏教-柳宗元 (上)
平安後期物語の「悲恋」について
書の美学的解釈
臨床と現象学
「如来が入胎する」ということ-歴史の禅定的主体の行為としての宗教-
南アフリカがオリンピックからボイコットされた背景
戦前の能力別学級編成等の変遷
戦後の能力別学級編成の変遷
言葉と伝知の問題
民吁法の闘争-辛亥革命前夜における中国新聞界と日本帝国主義-
文学の効用-「風雷」とその作者陳登科-
母性保護法制定運動についての一考察-母性保護連盟の活動を中心に-
赤の民俗性について
「ナウマン論争」の性格-鴎外・論争の特質
資料紹介「隆季集」
大和大宇陀町古文書目録
MAGNETOSTRATIGRAPHIC STUDY ON THE OSAKA GROUP,WITH SPECIAL REFERENCE TO THE EXISTENCE OF PRE-AND POST JARAMILLO EPISODES・・・
THE CONCEPT OF TIME IN THE TRI-SVABHAVA THEORY
「和歌題林愚抄」から「明題和歌全集」へ-中世類題歌集の再検討-
イギリス少年裁判所における「いわゆる児童
枕草子「すべて六観音」の再吟味
荀子の思想と体育
矢吹慶輝の浄土教理解
「維摩経」研究の一面 2,
円仁の見聞した会昌廃仏 下
秋成片影 1〜3
中国の智恵を受け継いで
独歩「源叔父」 2,
伊達文庫所蔵「邦高集」の成立
金剛杵を執るインドラ神の周辺-リグ・ヴェーダ理解のための基礎的考察-
19世紀前半フランス空想社会主義における女性解放思想-シャルル・フーリエからサン・シモン主義者へ-
和蕃公主の文学
大乗の経「ランカーに入る」第2章の一基礎研究
禅と福祉
「祖堂集」の世界
「母性保護論争」にみる「母性の福祉」観
「大田文」田積の歴史地理学的研究-但馬国太田文を中心に-
狭衣物語末尾本文の研究
独歩「酒中日記」 1,3
尾張の力女譚の形成と伝播
日清戦後教育政策の構造-就学督励をめぐって-
石塊遊び
イギリス少年裁判所の認定手続における福祉的理念の導入
イギリスにおける非行児童少年処遇の変遷
天保上知令の一考察-江州膳所藩・常州下館藩の飛地を中心として-
狭衣巻二と「とりかへばや」物語との交渉
宣長と秋成-秋成の宣長学説批判について-
国木田独歩に見る老荘 1,2
古事記の歌物語における表現の類型
松平文庫所蔵「為季集」の成立
秘められたるものに寄せて
「楞伽師資記」の研究-蔵漢テキストの校訂および蔵文和訳 1,
バーッタハ派の普遍論-SASTRADIPIKAの和訳研究 1〜5

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る