奈良絵本「源氏物語小鏡」に関する一考察-架空本の紹介とその価値-
「詞花和歌集」小考-「金葉和歌集」との重出歌を通して-
「入道大納言資賢集」に関する一考察-現状をみつめる歌人像-
「小野道風青柳硯」小考-相撲を中心に-
「六の宮の姫君」-作品にみる芥川の影-
「走れメロス」論-<裸体>のヒーロー-
古典文学の中の動物-特に「くさゐなぎ」について-
万里集九と大化春輝-「梅花無尽蔵」の著者とその交友-
語り手とフェティシズムと-夢浮橋巻の手紙について-
「月ガ瀬本仮名書き法華経 譬喩品 第三」-翻字-
藤原兼家伝小考-「蜻蛉日記」を中心として-
中世における「源氏物語」批評史の一考察-紫の上の場合-
中島敦の探し求めたもの-「山月記」と「名人伝」をめぐって-
「金閣寺」小論-拒まれた生の象徴としての金閣-
儒学者東條一堂について-人物を中心に-
架蔵「伊勢物語聞書(仮題)」に関する一考察
林芙美子「巴里日記」と「自筆日記」をめぐって 1〜3
「千里集」から見る大江千里の研究−藤原定家の「千里集」受容について
「保元物語」と「平治物語」-「平治物語」の存在-
松尾芭蕉 奥州の旅−「奥の細道」白河の関を中心に
「木乃伊の口紅」論−みのるが求めた生き方について−
「驟雨」論−吉行淳之介の改稿−
散逸物語「道心すすむる」の復原とその研究
安寿姫の変容−説経「さんせう太夫」から「咲分五人娘」へ−
「三」の継承−紅葉「三人妻」鏡花「由縁の女」谷崎「細雪」−
幕末・明治初期の房総諸相-「桜斎随筆」紹介 2-
持統天皇について
和泉式部歌「薫る香に」考
「源氏物語」散佚部分の復元-「源氏釈」桜人巻による-
中世における「竹取物語」の変容-今川範政「源氏物語提要」を中心として
「独楽吟」論−曙覧の「楽しみ」−
宮本輝「蛍川」論-改稿過程にみる作者の求めた<新しさ>-
芥川龍之介「歯車」論−その狂気の世界−
山上憶良の悲劇志向
MISHEARING OF ENGLISH NEWS BY A JAPANESE
日光・筑波両山紀行-「桜斎随筆」紹介 3,
「源氏物語」小考 琵琶を弾く女たちをめぐって
仏になった女性歌人 仏として祀られた唯一の女性歌人和泉式部
江戸の花火 俳諧を中心に
近松の心中観−「曽根崎心中」と「心中天の綱島」から見た−
『潮騒』現地調査−三島由紀夫を訪ねて−
『二世の縁拾遺』論−〈私〉の性の解放−
川端康成『舞姫』の「が」と「は」
形容動詞「妙だ」の意味
廃曲「明智討」に関する一考察-「伊勢物語」との関係を中心として
太宰治「走れメロス」の教材研究-教育実習をむかえる学生のために
雷について−日本霊異記を中心に−
枕草子「鳥は」に選ばれた鳥について
飛鳥井雅有における古典文学の受容−源氏物語の場合
散佚物語「しのぶ」の復元とその研究-「増鏡」の物語内容を中心にして
上田秋成の和歌について−「草香江の」の歌を中心に
「キッチン」論−色にみる「キッチン」の世界
「潮騒」論−「ダフニスとクロエー」との比較を通じて
源氏物語の「きびは」について
今川範政「源氏物語提要」に関する一考察-冷泉家流の古典研究を視座に-
現代教養論
「更科日記」-その冒頭の意味について-
「南総道之記」-「桜斎随筆」紹介(1)-
大伴家持と防人歌−家持が何に共鳴したか−
大和物語の文学的位置−伊勢物語などとの比較による考察−
「月ヶ瀬本仮名書き法華経 信解品 第四」−翻字−
「源氏物語」の櫛をめぐって−朱雀帝と斎宮−
運命の起源−「宇治拾遺物語」にみえる夢兆−
「裏紫」にみる光と闇−引き裂かれた生−
「こころ」論−繰り返される物語
吉本ばななの作品における比喩表現の特徴について
助動詞「みたいだ」の用法について
『源氏物語』注釈書における文献摂取の一位相
昭和学院中学校における教育実習について
「天の岩戸」神話について−神名をとおして−
『源氏物語』の芸術論をめぐって−美の源泉−
江戸時代における『伊勢物語』注釈の考察
狂歌にみる百人一首-南畝の「狂歌百人一首」を中心に-
芥川龍之介「秋」論−信子の求めた強い絆−
「ノルウェイの森」試論-<死とセックス>直子の場合-
「開口笑話」の「お前」について
林羅山と昌平コウについて
『源氏物語』「藤裏葉」の藤の宴
『異本紫明抄』素寂説に関する一考察
江戸の住民
マンとリルケと鴎外と−文学散歩者の覚書−
中学校における対人呼称の調査
持統天皇について−「影」として生きた女帝の真意−
『源氏物語』における子供の存在
崇徳院の和歌と人生−実像と虚像−
散佚物語復元と考察−『夜の寝覚』との比較による−
水仙への序曲−「たけくらべ」試論
「それから」論−代助と父
「ゆっくり東京女子マラソン」論−家の中の女性闘士−
「だるい」「かったるい」の意味について
万里集九の鎌倉紀行詩について-その動機と、末尾欠如の疑問-
「万葉集」における雲について
「更級日記」の執筆動機−孝標女のかぐや姫幻想
文正草子にみる(めでたし)の位相
「三四郎」論−肖像画の中の美彌子
「光の領分」論−光から闇へ
東金方言「うだてい」について
万里集九の「東山,北陸への旅」について-その将来選択の苦悩と,放浪流浪の旅
「即」と「すなはち」 1,
「僕ハウナギダ」と「象ハ鼻ガ長イ」の統一場-「表現法」の思い出から

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る