桐畑
画家としての福永さん
『ゴーギャンの世界』と私
福永武彦訳ロートレアモン
教師と作家の二重性
福永さん、ごめん下さい
昭和三十年前後
文人らしく生きた福永さん
追分けの福永さん
くさひばり
先輩・友人としての福永武彦
矜りの自負
福永の魅力
思い出すままに
療養所での福永さん
『幼年』の背景
印象断片
福永武彦を論ず
深い淵より
貫禄
風のかたみ
福永武彦の思い出
『幼年』の背景
思い出すままを
『草の花』の頃
『塔』を読んだ頃
結核と私達
福永さんのこと
「幼年」という星
孤独の部屋の住人
福永武彦の二つの側面
福永さんの中を流れる河
隣人の縁、アメリカ文学の縁
福永文学の産みの苦しみ
『幼年』の背景
アヴァンギャルドの精神
ロートレアモン「マルドロオルの歌」
フォークナー覚え書
フォークナーと私
アンリ・トロワイヤとその作品
ジュリアン・グリーン研究
ジュリアン・グリーン「運命−モイラ−」あとがき
ジュリアン・グリーン「幻を追う人」訳者ノオト
「モイラ」の改訳について
グリーンランド案内
マルタン・デュ・ガール「アンドレ・ジイド」訳者ノオト
アンドレ・ジイドの平衡秤
ドス・パソスの時間
一九五五年椋鳥通信
ケッセルの冒険
ヘミングウエイと象徴
「嫉妬」について
先見の明
マラルメ小伝
「詩集」
ゴーギャンの世界
芸術評論
芸術の慰め
彼方の美
福永武彦年譜
福永君の余裕
福永のこと
印象断片のつづき
岩村田の福永さん
絵霞
小説を信じたい
引越やつれ
無意志的
「我思古人」由来
(信濃追分の春は・・・)
室生犀星の最後の一瞥
草花を描く
「まれに木の葉の飛ぶさへや」
異邦の薫り
意中の文士たち 上,下
意中の文士たち 上下
意中の文士たち 上下
意中の文士たち 上下
意中の画家たち
意中の画家たち

異邦の薫り
異邦の薫り
異邦の薫り
内的独白−堀辰雄の父、その他−
「一九四六文学的考察」以後
「一九四六文学的考察」以後
「一九四六文学的考察」以後
「一九四六文学的考察」以後
推理小説について
ボードレールの世界
現代フランス小説
純粋詩の系譜
変化雑載
小説論のための小さな見取図
「忘却の河」創作ノオト
詩集
象牙集(訳詩集)
夢百首 雑百首
別れの歌

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る