批評と添刪
質疑応答
長詩 (14篇)
童謡 (87篇)
舟唄三題
宮崎高等農林学校校歌
「前田夕暮選集」
「郷愁」 —藤原東川・上道草二共著—
「搖籃」 —谷自路著—
「酒壷」 —和田山蘭著—
森田富次麿君の訃音を聞きて —森田富次麿遺著「おもかげ草」—
駿河湾一帯の風光
東京の郊外を想ふ
海辺八月
火山をめぐる温泉
姉への手紙
島三題
夏を愛する言葉
秋草と虫の音
木槿の花
花二三
藤の花
秋立つころ
火を焚く
家のめぐり
信濃の高原
たべものの木
自然の息自然の聲
鴉と正覚坊
沼津千本松原
沼津千本松原
酒と歌
金比羅参り

湯糟の朝
庭さきの森の春
野蒜の花
麥の秋
千本松原の春
河口
鮎釣に過した夏休み
流るる水
一家
蝙蝠傘
古い村
裾野
燈台守
狐か人か
青年僧と叡山の老爺
上京記
林間の焼肉
鹿
雪と淋しき人々
故郷より
山の変死人
空想者の手紙
曇り日の座談
閑乎忙乎
津軽の友に寄する手紙
椿
河豚
青める岫

砂丘の蔭
浪と蛸とヂンの酒
岬の端
秋亂題
浦賀港
廻り網
「白雪」の話
旅から帰って
物置の二階
屋根の草
移り変り住む場所の話
夏の花
夏の鳥
ダリアの花
立秋雑記
私と酒
お祖師様詣り
暴風雨の夜
或る歌の友に寄する手紙
春の一日
伊豆西海岸の湯
故郷の正月
おもひでの記
秋草の原
或る日曜の朝
櫻咲くころ
渓のながれ木
渓をおもふ
秋草の原
子供の入学
香貫山
村住居の秋
土を愛する村
発動機船の音
雪のおもひ出
入江の奥
春の二三日

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る