鳥箱先生とフウねずみ
私と炭坑との出会い
闇に燃える命の火の文学
奈落の星雲
闇のみち火
「近代と労働」を見つめる眼
プロレタリアートの夢
燃やしつくす日々
「死ぬるも地獄、生きるも地獄」
闇を砦として
目隠しの鬼
いのちのつやを
長恨の賦
「業担き」の宿命
無念は解きほぐされたか
地底からの眼ざし
三つの万歳と「在位」六十年
天皇が天皇たり得るのは・・・
わが友、わが筑豊
上野英信に学んだこと
シンフォニア・筑豊を舞う女たち
代弁でも告発でもない記録
上野さん御夫妻のこと
製図板のテーブル
「追われゆく坑夫たち」の頃とその後の筑豊
静かな執念に学ぶ
私の「戦後処理」と上野さん
坑夫の歴史を刻む天恵の人
上野文学と沖縄
地上の新たな闇をも撃つ光
「子どものために」からの解放
心の師、仕事の師
奈落の灯
私たちの「ひとくわぼり」
かげろうの建築師
好きな本獲得奮戦記
龍膽寺雄邸サロンの思い出
川端康成による龍膽寺評
龍膽寺雄氏と私−「PREVIEW No.1」を発行して−
豪華なる饗宴に浴した頃
ボクのモダニズム体験
サボテン・モダニズム
ショオウインドウを抜けて−龍膽寺雄の都市風景−
橋爪雄こと龍膽寺雄
都市へのまなざし
浪漫寺の雄
私の「龍膽寺雄」体験
龍膽寺雄の当選作
龍膽寺雄と吉行エイスケ
モダニズムの運命−「月蝕」に触れて
「新興芸術派」と私
どこかで見た風景
「龍膽寺雄の文学」研究の余白に
父を語る
モデルニスムという視点
龍膽寺雄先生とシャボンと
兆していた〈文壇離れ〉
「龍膽寺作品」を読んで
生き残る条件
「十三人倶楽部」のころ
「大鷲の風韻」
古びない青春小説
親子でモデルになった話
父の事
話の坑口
奇習奇俗
詩(歌謡曲歌詞)
龍膽寺雄 解説
化石の街(長編伝奇小説)
アラッジンのランプ
悪党はハレムに睡る
幻想の街
UFOの夢
雲のテラス(未発表作品)
ロマン論
焼夷弾を浴びたシャボテン
詩(歌謡曲歌詞)
龍膽寺雄 解説
燃えない蝋燭(長編青春小説)
塔の幻想
弾痕と女
夜霧
月の砂漠に(長編青春小説)
「悪魔の花園」「死の谷」の同伴者
児童詩の本
アンデスの孤独

龍膽寺雄 解説
虹と兜虫(長編伝奇小説)
龍膽寺雄 解説
海の Illusion
M子への遺書
親切を売ります
お不動さまはご存じ
龍膽寺雄 解説
龍膽寺雄 年譜
真のロマン派作家
春は花影に
月蝕
L・盆地の汽車

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る