青い夜道
海の見える石段
山鴫
花冷え
故園の歌
橡の黄葉
菽麦集
山の祭
春愁
山国詩抄
晩春の日に
牡丹の寺
葡萄の女
失われた簪
サングラスの蕪村
織女
八十八夜
詩篇拾遺
行人
麦ほこり
青葉雨
冬霞
俳句拾遺
三国峠の大蝋燭を偸まうとする
高原と峠をゆく
妻科の家
奈良田のほととぎす
随想拾遺
白秋童謡をめぐっての思い出
白秋童謡、児童自由詩と話
“はじめは、おわりのために?”−「児童詩の本」が私に語りかける−
白秋と「三田文学」
白秋童謡と作曲(3)
後期白秋童謡に想う
童謡、その無名性
からたちの木
白秋童謡と作曲(4)
白秋と伊藤整−「思ひ出」の嫡男
白秋先生とえにしの糸
詩と作曲について(2)
自筆原稿での「ちゃっきり節」(2)
北原白秋と民衆詩派
白秋と〈新感覚派〉
「邪宗門」と自筆原稿欠落出現
二重構造の詩意識 戦中執筆の少国民詩について
金子光晴と白秋
禅の本
追憶文学の季節
白秋と杢太郎
範例としての白秋童話
戦争と詩人−北原白秋と高村光太郎
白秋の昭和・覚え書
「桐の花」のことば−伊藤整を遠景に−
慶応山岳会「山の唄」の由来話
自筆句稿より
白秋と杏村
白秋詩と教科書
木莵の家とピエル・フォン
書簡に見る白秋と朔太郎
「雲母集」とその時代(上)−中野重治説への疑問−
「城ケ島の雨」が作曲されたころ
白秋と空穂
昭和十年のころ
白秋につながる人たち
なぜ
「雲母集」とその時代(中)−中野重治説への疑問−
笛を吹く人
錬金術師と三羽烏−拓次を中心に−
白秋・「朱欒」・志賀直哉
「梁塵秘抄」の波紋
白秋・朔太郎・光太郎
「雲母集」とその時代(下)−中野重治説への疑問−
公田連太郎先生との遭逢
白秋詩鑑賞・「銀笛」
白秋と龍之介
北原氏の出自
「明治大正詩史概観」再読
白秋と吉植庄亮−印旛沼吟行を中心に−
ふでもたすみ手への祈り−北原菊子寸描−
日本第四期浪漫主義の旗
「鑑賞指導児童自由詩集成」回想
「ランプを窓に」の原素材
「ちゃっきり節」考
「思ひ出」を解く
「白金之独楽」と「月に吠える」
自筆原稿での「ちゃっきり節」(1)
不可測の振幅
雪の日のアイスクリーム−白秋と賢治
「雀の生活」をめぐって
「白秋」−私的な覚え書き
三十にして玲瓏
白秋詩歌の位置づけ−いくらか告白的に−
白秋先生の思い出
詩集「思い出」をめぐって
「おもひ出会」のこと
白秋の詩心−句集『竹林清興』をめぐって−
白秋の世界 文学的ジャンルを越えた「純粋詩」
白秋と谷崎
白秋作「露台」をよむ
「文章世界」と「赤い鳥」

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る