志賀直哉氏に会ふ
室生犀星論
逝ける葛西善蔵君
堅忍不屈の人 堺利彦氏を語る
田中さんを憶ふ 田中貢太郎追悼
資夫君と私 宮嶋資夫追悼
私には文学上の育ての兄 舟木重雄回想
奇人山崎今朝弥
菊池寛氏と僕
宮本百合子女史のことなど
在獄四ヶ月の夢
職工から身を起して
小説家になった動機
投書家時代の回顧
交友昔語
私の正しき追憶
文芸運動としての「奇跡」同人の進出
創作苦行
第二温泉場スケッチ


真珠を持つ男
軍港風景
新開町スケッチ
ステーション附近
父を嗤ふ
即吟
宮地嘉六 その私小説(1)
ひとりごとをいふ男
素描
やきもち
結婚難
子を育てる
職工物語
老残
八ツ手の蔭
王子権現抄
宮地嘉六 その私小説(2)
欺かれたる日本の労働者
最近の感想
感児のまゝ
文壇の理想家
プロレタリアート芸術
地下室にて
プロレタリア芸術とブルヂョア芸術と
芸術に対する一考察
言ひたくはないが
片上伸氏の一文を読みて
文芸と思想
芸術の本質
態度を厳粛にする意味において
客臘の小説から
七月の創作界
自由であるが稍稀薄
読んだものいろいろ
囚人のごとく−「桜の国」入選の折り求められて
大田洋子年譜
鉄工場
煤煙の市
佐吉
卒塔婆の家
窮迫と幻想
その一人
免囚者の如く
煤煙の臭い
風の叫び

河岸の強人
彼の生涯の第二期
騒擾後
ヒラザワ氏病
ある職工の手記
音戸の瀬戸
雙六の駒
第三の継母
宮地嘉六 その出発
放浪者富蔵
竹本一座
時計と清吉
適齢前
悪夢の思ひ出
観劇会
裏切られた人々
河畔
赤シャツの仲間
生活の沼
青い狸
豆腐屋の笛
第一号檻にて
橋本氏の半生
労働小説家から文壇私小説家へ
群像
自虐の人・宮地嘉六−「群像」の世界
放浪物語
義妹の断髪

蓮田善明著「神韻の文学」序

追悼
「小さい灯」のはじめに

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る