あの雲の下に
人間堤防
城山小学校潰滅の日
金比羅山高射砲陣地
長崎捕虜収容所−被爆の証言
爆心の丘の暗点
麦わらの上でこと切れた夫
「原子雲の下に生きて」−長崎の子供らの手記
私の中の原爆と天皇陛下
「原子雲の下に生きて」−長崎の子供らの手記
「原子雲の下に生きて」−長崎の子供らの手記
海から帰る日
「原爆歌集 広島」との因縁
広島俳句八〇〇選
長崎の原爆詩歌
詩−広島原爆詩集
詩−長崎原爆詩集
短歌−長崎原爆短歌集
短歌−広島原爆短歌集
俳句−長崎原爆俳句集
川柳−原爆川柳集
終末への予告と告発

風流仏
老いたる隠亡
爆心に生き残る
師とともに泳ぐ
交換台と共に
「原爆に生きて−原爆被害者の手記」序
白血病と闘う
ヌートリアの思い出
母子抄
七年の記
友の手紙
平和をわれらに
甲神部隊の父
半年の足跡
打ちひしがれし春の草花
先生同情されない人間になって下さい
中秋の空
実験都市
どくだみ草
死の鞭と光
残存者
被爆者たち
祈祷
雲の記憶
過ぐる夏に
重い車
赤と黒の喪章
現代の人間の「原罪」としての負荷を負い続けて
あの日のこと
風化の底
焦土
同窓会は夏に
倉橋島
氷牡丹
死者は裁かない
名前のない男
青銅色の闇
聖地の女
夏の刻印
八月二十三日の事
死者への勲章
広島巡礼
黄葵
“回想”を拒否した視点
死の影
マリアの首
泰山木の木の下で

ザ・パイロット
ヒロシマについての涙について
銀河鉄道の恋人たち
ふたたび、「創造の主体について」

赤蜻蛉
曇り日の行進
今日になっての話
色のない画
樹影
儀式
管弦祭
二つの「影」
歴訪
地の群れ
夏の客
母・一九六七年夏
明日
プルトニウムの秋
原子力潜水艦をむかえる基地市民の感覚
被爆者の夏
生きるための夏
被爆者を差別する立場
逆流する重たい立場
「前科三犯」の被爆者
病み犬を連れた老婆
「七〇年夏」への告発
生者も死者も被爆者
現代の煉獄の作家・井上光晴

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る