句集(抜粋)
「成層圏」遠信
「俳句研究」選後の言葉
「文芸首都」選後の言葉
「文芸情報」選後の言葉
「陸軍画報」選評
「萬緑」作品欄批評
「萬緑」四季開花
中村草田男先生をめぐること
はじめての「句展」
実人生の詩
「萬緑」四季開花
新人賞選定に就いて
中村草田男全集 17 解説
草田男さんのしょんぼりした顔
魅力ある人
草田男先生のこと
中村草田男全集 18 解説
「朝日新聞」朝日俳壇
講評
「かるみ」
再び「かるみ」のこと
メタファと季題
白く且つ大
芭蕉の道
物の見えたる光
「東京新聞」東京俳壇
茅舎賞審査員の言葉
草田男の位相
永遠の人
歳末の象徴
前歴十年
蕗子
虚子先生と私
潮流の分析と方向を探る
定型と口語俳句
俳句表現と芸術性
破型と草田男
そのころ
中村草田男全集 15 解説
俳句よもやま
現代俳句をめぐる諸問題
武蔵野漫歩
正岡子規の問題
しなの俳句がたり
先進後進
近代俳句のメッカ
方法以上
句作指導
東西放談
現代俳句諸運動の再吟味
二百年説俳句一辺倒
高浜虚子−人と作品
高浜虚子
芭蕉・象徴
選者に聞く
老いの価値
中村草田男論講(抄)
草田男と父虚子
草田男と楸邨
草田男雑感
中村草田男全集 16 解説
「ホトトギス」雑詠句評会
白狐通
画談・俳談・楽談
草田男の雲雀
現代俳句の基本
放談誓子論
「草田男」の由来異聞
現代俳句縦横談
お茶に酔うた頃の事ども
静けさ
現代俳句の底流
新春俳句放談
一滴の水
現代俳句論
新しい詩精神
俳句事件
「萬緑の作風」に就いて
二つの世界
抒情の変革
自由闊達
「仮借なき」草田男
従兄としての草田男
中村草田男全集 14 解説
詩と散文の間
「藝」をめぐりて
俳句の内外
定型の蔵する諸問題
現実感覚の詩を
茂吉をめぐる十二の問題
俳句の命運
俳壇は動きつつあるか
今後の俳句に望むこと
俳句の音量感について
文学者ゴルキー
幻住庵趾と母の遺骨
梅と梅の句のこと
わたしの先生
明治の良師とのめぐり逢い

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る