赤彦と同門歌人
赤彦と同門歌人
赤彦と同門歌人
赤彦と同門歌人
赤彦門下とその周辺
赤彦門下とその周辺
赤彦門下とその周辺
赤彦門下とその周辺
赤彦門下とその周辺
曼殊院蔵古今伝授資料6巻 解題
曼殊院蔵古今伝授資料6巻 口伝解題
明治短歌史の一齣−新詩社の機関雑誌「明星」創刊当時の思い出
近代短歌の誕生
新詩社と浪漫主義運動
根岸派の創立と子規の系統
短歌史上の自然主義
石川啄木の短歌革新の意義
大正期交遊の一面−結社のこと、万葉のことなど
生活派の運動と口語歌の運動
窪田空穂と「国民文学」の系統
「潮音」と太田水穂の象徴主義
反「アララギ」歌人の結集「日光」
結社の分立と大正歌壇の動向
大正期の「アララギ」
短歌の将来
プロレタリア短歌運動
新短歌の歴史とその理論
昭和期の「アララギ」と茂吉・文明
北原白秋と新浪漫主義
釈迢空と土岐善麿の位置
戦後歌壇の諸傾向と今後の短歌
民衆短歌のあゆみ
日本歌人講座の編集について
中世歌人研究の思い出
日本歌人講座の再刊をよろこぶ
私の万葉学事始

百番歌結
魚鳥草木
生命に根ざした歌
地上独語
短歌評釈
新興短歌概論
自由律歌論(抄)
新興短歌論稿
放射線を行く —「詩歌」を復活するに臨みて—
新短歌提唱
万葉以前に遡れ —吾等が行くべき道・三—
新短歌の基準 —主としての短歌性に就いて—
内在律短歌概説
新興短歌
片仮名本古今和歌集 上
古注 上
古今秘注抄
曼殊院蔵古今伝授資料1巻 解題
曼殊院蔵古今伝授資料2巻 解題
玉伝深秘巻
古今秘抄
古今潅頂巻
和歌潅頂次第秘密抄
和歌秘事并序
古今秘聴抄
古今集聞書(六巻抄)
曼殊院蔵古今伝授資料3巻 解題
古今鈔
曼殊院蔵古今伝授資料4巻 解題
古今集聞書
古今序聞書
解題
難波津泰?ェ抄
或聞書中有所存抜書
地方人
なるこゆり
木食上人と野びる
青とかげと石菖の花
馬鈴薯
四月末
鉱泉
赭石
水汲

浴槽思索
波の上
日が暗くなる
冬景色
村娘
菜の花
老婆
早春
白い道
驚き
青い畫
郷愁
砂金の閃き
少年の春
白老アイヌ・コタン
伏古の土人学校
胡瓜
花敷紀行
利根峡谷

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る