暖国の初冬
沖の小島
夜天の哄笑
印旛沼の冬
頬白

みなかみの山
藁蒲団に寝て
雑草園小景 その1〜3
病院の廊下
朱欒
酔漢来たる
夜話
胡麻殻
自然の断片
栗のいが
越後獅子
家出
鶉取
雪炎
頬白追ひ
鴫取
老婆
鐘の鳴らぬ夜
木枯
霜夜
雲雀
端書
富蔵
雪と野菜
赤い山

香魚
黎明
夜の黒蟻
海は暗かつた
風を喜ぶ
青蟲
雪後

自然断片
真晝
憎悪
青い建物
草の上

青い蛾
生命の本
雪解靄の日
車前草社とその頃の思ひ出
国詩・秀才文壇・岩野泡鳴氏
明治三十七八年時代
明治末期を回顧する
文光堂のこと
「収穫」時代
「詩歌」創刊時代
刊行のことば
『テーブルスピーチ』
後半期のダイナミズム
「耕人」時代のこと
夕暮歌論とその美学 —自由律歌論の推移をめぐって—
二代の交際
地蟲
村醫
春の水
放尿
畦草に眠る
真晝
屋根の上
壁を塗る人
篠竹
はんめう
金魚
麥のあかるむにほひ
夏の夜
田の畔
旅人と犬
天竺牡丹
ひやくはつたい
火ぶり
山に行く老爺
配合的手法を排す
表白に就て
即きすぎた歌と離れすぎた歌
囚はれぬ態度
独りよがりの歌
生活を背景とせよ
行き詰つたとき
自己表現の為めに
感動に生きよ
詩作品
俳句
短篇(抄)
雑草園日記(抄)
青樫荘日記(抄)
入川谷山荘日記(抄)
序文(抄)
書簡
短歌作品補遺
卓上語

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る