良寛和歌集私鈔補遺第一
良寛和尚の歌
愚庵和尚の歌
短歌に於ける四三調の結句
新時代の短歌
短歌に於ける主観の表現
万葉調
短歌に於ける人事と自然
短歌の範囲
写生といふ事
短歌に於ける写生の説(抄)
第四「短歌と写生」一家言
第五 続「短歌と写生」一家言
短歌道一家言
気運と多力者と
第一次駁撃
模倣餓鬼
アララギに就いて
石榑茂君に教ふ
反撥
五色反吐1・2
短歌と思想と1〜3
模倣餓鬼の註
石榑茂氏に問ふ
曠野集より
若山牧水氏の言
二たび牧水氏の言
子規の言葉
暁台句集より
上田秋成
誠拙禅師歌集より
笠松道詠
俳書より
梁塵秘抄より
仏足石歌体
生活の歌
口語短歌
建部涼タイの語
前掻
言葉のこと
『わだち』の用法
しやを
命ふたつ。居たりといふ結句
一種の『かも』
『かうかうと』といふ副詞
和讃中の二句
一種の『かも』補遺
しんしん
主ある詞
詞の吟味と世評
街上漫語
二たび詞の吟味と世評
三たび詞の吟味と世評
短歌作者
『雁かへるなり』の結句
食血餓鬼
東歌一首
奥州南部の古謡一つ
似而非悟り歌
細谷明氏に対す
「赤光」編輯の時
歌の推敲・改作
『絵の線』問答
動く動かぬ
古語の問題
万葉調
和歌入門書
翠渓歌集
怨敵
白秋の歌一首
正岡子規の語
短歌の形式。破調の説
写生の歌
写生
話の断片
『作歌炎』
『命なりけり』といふ結句
ほとほと死にき
甘露往生
虚子の俳話より
単純化
酒糟の歌よりの連想
象徴と短歌
二たび短歌と象徴
交合歓喜
笠女郎の歌一首
漫語
短歌の特質についての考察
『よ』どめの結句
万葉の数首
井上文雄の歌
『熟田津に』の歌
作歌の態度
歌ことば
連作
歌の鑑賞
子規の書簡
結句の考察
叫びの歌、その他に対する感想
気分

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る