勅撰集と私家集のあいだ
「短歌評論」グループ事件の周辺 —事実の補足・訂正—
心に残る抵抗の歌
七五の調べ
吉野秀雄先生のこと
空穂と長歌
「朝の光」の頃
『少年』と母と
わかれみち
女人の歌1〜3
学園短歌のころ
言語的自由からの逃走
開拓生活のうた
無名者のうた
歌とわたし
俳句と現代短歌の間
短歌と俳句
短歌わずかに一首
鮮烈な生の悲哀
晩年の茂吉—考えかわらず—
懐かしい花園
反自然としての短歌
短歌嫌い
勝手気ままの弁
たはぶれ歌
字余り知らず
短歌への執着と離反
寺山修司、『極楽篇』を
歌集『男魂歌』について
『未成年』あるいは過去への希望
牧水に熱中した十六歳のころ
胡乱指註
己れの無惨を見むか—中城ふみ子の死の処世—
或る時代の雰囲気
〈うた〉—未開の声
短歌編集者としての島木赤彦
『新萬葉集』のころ
短歌と私 —青春時代のノートから—
萬葉と時事 —「橘奈良麿の変」をめぐって—
採訪「昭和萬葉」 1〜21
『昭和萬葉集』メモ
今も忘れ得ぬ歌 —私の心に刻まれた三つの短歌—
明治の農民短歌 —「平民新聞」の投稿歌壇から—
『昭和萬葉集』読後評1〜20
歌集『白埴』のこと
亡夫の短歌(投稿)
通気粋語伝
共産党に望むこと
写生論発展のために
歌の条件
短歌への訣別
短歌の運命
新しき短歌の規定
孤独派宣言
歌よみに与へたき書
短歌におけるヒューマニズム
女流の歌を閉塞したもの
短歌創作の理論
純粋短歌論
敗北の抒情
異質への情熱
療養者の歌と私小説
近代主義批判
零の遺産
短歌改革案ノート
ぼくらの戦争体験
政治的不安と短歌
思想と表現の関連性
「私」とは誰か?
近代と現代とのあいだ
「集団の詩」としての短歌
写実派の“戦後責任”
ノンポリティカル・ペーソス
群れとしての前衛歌人
人間の声
斎藤茂吉と俳句
折口先生の歌会
八一の時代
歌の訣れ
業の日本的形式か
短歌偏見
現代短歌大系新人賞 最終候補作品リスト
現代短歌大系新人賞 選考座談会
現代短歌大系新人賞 選考座談会
岬日記
冥府秋月
冬の唇
めたもるふおうぜ〈広島の砂〉
朝餉
夜想曲変ホ長調OP.9—2
金色の炎
弑春季
少年刑
乳房喪失(抄)
花の原型(抄)
架橋(抄)
相良宏歌集(抄)
意志表示(抄)
羊雲離散(抄)
黄金記憶(抄)

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る