八木重吉のこと
八木重吉 解説
「詩之家」十月号作品に就いて
諸家の回答
新詩集批評
十四年度作品批評
詩壇の新人
序(詩集「貧しき信徒」)
八木重吉氏のこと
「貧しき信徒」を読みつつ
「貧しき信徒」を読む
私信抄
「貧しき信徒」を読む
余白に
貧しき信徒を読みて
貧しき信徒を読みて
貧しき信徒評
貧しき信徒評
詩集「貧しき信徒」を読む
「心貧しき信徒」八木重吉讃
病床無題
八木君の死
故人のこと
八木重吉と私
リルケに就いて
リンゲルナッツのことなど
実用抒情詩に就いて
感傷的心象と象徴的心象
現代詩に就いて
象牙の塔
日本詩歌の形態的思考
昭和前期の詩論解説
モダニズム詩論
モダニズム詩論
プロレタリア・アナーキズム詩論
抒情派詩論
抒情派詩論
抒情派詩論
抒情派詩論
詩論
詩論
歌謡・民謡・童謡論
海外詩論の移入史
ジョン・キーツ
ウイリアム・ブレーク「無心の歌」
エドガー・アラン・ポー
散文遺稿
巻首に(詩集「秋の瞳」)
詩集 秋の瞳
ジアン・コクトオ
七月八月詩壇
詩性反応
蝶を夢む
レアリズムの推進
詩の論理と言語
日本現代詩の根本問題
詩後を中心にした詩論
詩集「氷島」に就て
散文詩・自由・定律詩
奴隷なき希臘の国へ(抄)
反進歩主義文学論
新らしきポエムの追求
有羞の詩
わがひとに与ふる哀歌
氷島の詩語に就いて
丸山薫君の新著「一日集」を読みて
少年の智慧
別離
詩のための雑感
「詩のための雑感」について
自由な心について
新日本詩の提唱に就いて
詩の社会性と科学的批評
詩形問題としての短歌と詩
現代詩、短歌、新定型
詩は亡びるといふ説に就て
詩の純粋とは何か
童謡私見
民謡詩論
陣痛期のプロレタリア音楽
郷土民謡と舞踊の沿革
イノエ・ザハリヒカイト思潮の文学的展開
青猫
諷刺詩
女性詩人の作品
現代詩代表選集を読んで
作詩指導
作詩指導
超自然主義
ポエジイとは何であるか
新散文詩への道
私の超現実主義
超現実主義の位置
シネ・ポエム試論
詩・モンタアジュ論−詩方法論序説
プロレタリア詩に就いて
プロレタリア詩に関する断片
再び詩に関して
プロレタリア詩に就いて
プロレタリア詩人と実践問題

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る