文明の情操性
先駆者と反対のもの
欧州文明の翻訳誤謬
十九世紀の熱情
僕はソクラテスだ
所感断片
作品と人物
非論理的性格の悲哀
橋上
烈風の中に立ちて
雑誌の編輯者へ望むこと
探偵小説に就いて
私の孤独感
雅号を換えよ
新時代万歳
谷神不死
或る詩人の生活記録
何を私が詩に要求するか?
歌壇論の総勘定
尾山篤二郎君に答ふ
歌人の愛誦歌に就いて
歌壇に與ふ
愛誦歌私感
長歌と短歌
歌壇の問題一
詩の建設と歌壇の新運動
北川冬彦君に答ふ
口語歌の韻律に就いて
恋歌鑑賞
昭和百人一首妄評
昭和百人一首の誤読について
鑑賞万葉名歌編
歌でないもの
中世の詩情と久遠の女性
俳句は翻訳できない
蕪村俳句のポエヂイに就いて
芭蕉について
蕪村俳句の一考察
小説家の俳句について
抒情詩としての俳句の本質
俳句に於ける枯淡と閑寂味
大正の長詩鑑賞
新詩評釈
北原白秋の詩
蒲原有明の詩
室生犀星の詩
読者のために(序にかへて)
破壊と創造
抒情詩とリリシズム
詩批評家出でよ
詩壇の現状
ポエジイと民族性
詩の音楽作曲について
国民詩について
詩の原理
自由詩の矛盾観念
自弁
詩の原理の出版に際して
有詩以前の詩壇
風俗壊乱の詩とは何ぞ
日本に於ける未来派の詩とその解説
三木露風一派の詩を放追せよ
詩と音楽の関係
調子本位の詩からリズム本位の詩へ
現詩壇の神秘主義者と現実主義者と
叙事詩的傾向の詩を排す
言葉の問題
恋愛名歌集
恋愛名歌集
郷愁の詩人 与謝蕪村
芭蕉私見
現歌壇への公開状
新しき歌壇への曙光
歌壇の一大危機
山森政一君に答ふ
歌壇の人々に答ふ
再び現歌壇への公開状
歌壇の進展すべき道
歌壇へ最後の論説
魔法つかい
魔法使ひ
ぬけ穴
ウオーソン夫人の黒猫
日清戦争異聞
断章 「卓上噴水」より
断章 「感情」より
断章 「日本詩人」より
断章 「生理」より
断章 「四季」より
新浪漫派に至るまで
詩の概念
詩と音楽との関係
リズムの話
詩歌の形式論者に問ひ併せて詩の本質を論ず
再度詩の形式論者に問ふ
実感の話
詩の雑感
詩は文学の母体
蒲原有明に帰れ
日本詩と日本詩人

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る