紅梅
北の海から
足袋
かけす
たまゆら
夏と冬
岩に菊
冬の半日
笹舟
自然

温泉宿
竜宮の乙姫
「鬼熊」の死と踊り子
合掌
針と硝子と霧
屋上の金魚
浅草日記
朝の爪
水晶幻想

落葉
笑わぬ男
父母への手紙
金銭の道
抒情歌
盲目と少女
化粧と口笛
百合
それを見た人達
日本人アンナ
慰霊歌
母国語の祈祷
二十歳
故郷
寝顔
馬美人
禽獣
貧者の恋人
ちりぬるを
叩く子

雪隠成仏
田舎芝居
望遠鏡と電話
童謡
白粉とガソリン
イタリアの歌
雨傘
これを見し時
死面
花のワルツ

夕映少女
化粧
生花
夜釣りの死霊 —魔の丸島の波間で招く白い影像—
サメの背中に立つ —魚の背に乗った奇跡の少年の話—
島の九十九滝 —孤島御蔵島の戦慄的な豪雨と壮観—
灯台守は哀し —サメの腹中からでてきたかすりの着物—
イルカの虐殺—無残!鮮血に染められた安良里の海—
怪魚大ナマダ退治-禁断の深海で大ナマダと死闘した海女-
シケの七つの顔 —伊豆海上を真っ二つに切り裂く大ハヤテ—
まぼろしの魚影 —真夏の海にただようクシロの大群—
生首を釣った男−ヒラメかエイのつもりがなんと女の首−
竜巻と雲の峰 —自然の偉大な創作、海中に立つ二本の柱—
魚に釣られる —大物に引き込まれて水死した釣り師—
海坊主と怪光 —暗夜の蜃気楼と鳥取砂丘の謎の発光—
奇跡のクロダイ —釣れない釣り場で前代未聞の大漁劇—
音楽で魚を釣る-妙なる海中音楽に誘惑される魚たち-
船を襲ったシャチ —房州千倉沖に出現した“海の魔物”—
海上の黙秘劇-老船長の横顔に甦える四十八年前の悲劇-
素っ裸のボーケ船漁師 —ボーケ船の周辺にあった大漁の穴場—
船を背負うエビスザメ —獰猛な人喰いザメからの必死の逃亡—
背との擬餌と舟女郎 —瀬戸内海の夜をいろどる哀愁の女たち—
海の王者カジキ —狂える猛魚と激闘する海の若者—
海の怪物の信憑性-南北の極洋、渤海に現れた怪物の謎-
巨魚と闘う人々-海の王者カジキ求めるツキンボ船-
海の残酷物語-クジラの巨体を食い破るシャチの獰猛-
カッパ伝説ほか-正覚坊のカッパと大ダコ、船幽霊の話-
瀬戸の漂海民 —忘れがたい家舟の船頭とのひととき—
北野梅花祭
銀の杖
ボコイの浜なす
ある献身
四人の仲間
満庭の菊
こだま
黄色い顔の看守
紙の夜に
家紋のある壁
子種
流氷の街

チャージ

巷のあんばい
メイ・ストーム —五月の嵐—
背広を買う
証文

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る