井筒−三番目物らしい三番目物
善知鳥−善知鳥の能と謡
江口−言うに言われず
景清−盲目物の解釈
高野物狂−男物狂の曲
小袖曽我−曽我物問答
実盛−三修羅の一番
田村−勝修羅三番
百万−芸づくしの面白さ
藤戸−藤戸片々
松風−松風の能と謡
満仲−詞の意味をつかむ
狂言の展開−明治以後の狂言
狂言の諷刺
能と力者
狂言のことば
狂言の扮装
狂言の仮面
狂言の影響
狂言の翻訳
能の美
能の力
能の絵画美
能の彫刻美
能の詩趣
狂言の写真
謡本の話
能の曲目編成法
能及び能楽堂の音響
能及び能楽堂の照明
随想「能楽の魅力」
民俗仮面前史
能と能面
人間面を求めて
世阿弥の世界
仮面の演技
伝統と現代
能役者の周辺
観世寿夫のこと
消えた花
「世阿弥」のころのこと
寿夫と私
舞台と言葉
「役者と作品」によせて
遠くみていた人の昔
みはからいのうまさ
現代の芸術家
昔話もととり山
薪能臨時書抜 京都大学附属図書館蔵
能楽概説
謡曲の世界観
謡曲に於ける仏教要素
謡曲に現はれた道義思想
能と歌道
能と秘伝
能楽と日本的生活
花伝書
花鏡の問題
六輪一露
能の先行芸術
能楽の発生と発展
室町以後各時代の能
能の地方的分布とその情勢
能と保護者
能学の影響
謡曲の構成
謡曲と作者
謡曲の資材
謡曲と和歌
謡曲と漢詩
謡曲と俗謡
謡曲の廃曲
謡曲と新曲
謡曲の翻訳
能舞台
能の舞踊
能の音楽
能の仮面
能の扮装
作り物・小道具
能の場面展開法
能の特殊演出
能と狂言
狂言の発生と発展
三猿・白魚・長縄−大川をめぐる断章−
解説 四谷怪談の成立
伊原本の地獄宿
笑い三年、泣き五年
三味線弾きは女房役
文楽の現状
かしら−その造形の源流を探る
かしらについて
文楽人形に魅せられて
人形師天狗屋久吉
人形劇へのとびらを開く
人形劇の創造と表現技術
子どもとつくる人形劇〈実践記録〉
子どもとつくる人形劇〈実践記録〉
はやのみこみの子ねこ 脚本と演出ノート
木龍うるし 脚本と演出ノート

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る