記念
「イヴの総て」を観る
目に見えない怪物
「蝿」訳者のことば
「夕鶴」によせて
サルトルの「悪魔と神様」
詩劇について
「なよたけ」あとがき
「祖国喪失」あとがき
戯曲の文体について
美しいだけでは間にあわない
「聴き給え君(エクツト・モナミ)」
若い感受性
「襤褸と宝石」作者の言葉
芥川比呂志
僕の演劇遍路
ブランシュ・デュ・ボワと云う女
倉橋健君
「正義の人々」解説
高木均君
実存と本質
近藤玲子様
堀さんの死
詩人の死
マルセル・アシャール/鈴木力衛訳「海賊」
劇詩人の生成
カミュ「誤解」
「死者の書」と共に
松浦竹夫君
「四季」の友人達
午年の作家の感想
花ちりぬ
モリス氏の思い出
新劇への不信
森本薫とノエル・カワード
畸型的風俗の喜劇
アメリカ演劇の常識性
“我が心高原に”を観て
自然主義悲劇の再反省
上演に寄せて〈サンダ・ロック〉
鳥海四郎君紹介
J.P.サルトル「墓場なき死者」
チェーホフ劇の感銘
演劇のレアリテ
作者の言葉〈なよたけ〉
戦後の岸田国士と田中千禾夫
演劇の変貌
形而上的自然主義
二十世紀フランス演劇概観
新しい芝居 覚書
「カリギュラ」「誤解」あとがき
作品展望ジャン・ジロゥドゥ
劇と詩の調和
「誤解」について
「誤解」の試み
「アルルの女」あとがき
仰信余筆 1巻
「思い出を売る男」作者の言葉
「新しき演劇のために」解説
シチュアシオンの演劇
詩人と学者
思想的人間
舞台幻想(序)
死について
「みごとな女」について
ジロゥドゥの世界とアヌイュの世界
文五郎讃
アメリカ戯曲の特徴
ジャン・ジロゥドゥと「シャイヨの狂女」
現代演劇の一課題
略歴と感想
ルーマダスと実存
ラジオ短評 品がほしいトンチ教室
ラジオ短評 旧弊一新の“街録”
ラジオ短評 凡策の放送論
ラジオ短評 無声・名人芸の香い
不吉の兆を孕む
ラジオ短評 子供の日に恐るべき証言
ラジオ短評 針小棒大な野球論争
ラジオ短評 淋しい国会討論会
ラジオ短評
怒りと夢と幻
「我が心高原に」に就いて
ウィリアム・サローヤンの戯曲に就いて
新劇の動向
ホイップル氏とサローヤン
現代演劇における課題
編輯後記〈三田文学〉
キティ颱風について
生まれた土地
La Bonne Chanson
街の子
奇妙な幕間狂言
永禄狂言
泥棒と赤ん坊
鼠の浄土
初詣で
あらぎぬ

時計と支那そば

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る